ここから本文です

JBCが亀田問題の処分決定 亀田ジム国外追放へ

THE PAGE 2014年2月5日(水)0時40分配信

■亀田ジムへの処分が決定

 亀田大毅がWBA、IBF世界スーパーフライ級戦で「負けても防衛」となって波紋を広げた“亀田問題”について、JBC(日本ボクシングコミッション)は4日、都内で倫理委員会及び資格審査委員会を開き、現在、亀田ジムの関係者に交付している各種ライセンスについて、停止もしくは、取り消しの重たい処分を下すことを決定した。

「JBCが悪い」との亀田陣営の言い分にJBCが最後通告

 事実上の日本ボクシング界からの“追放処分”だ。JBCでは、処分という言葉が適当かどうかについても検討中で、亀田ジムサイドからの法廷闘争に耐えうる文言などを慎重に考慮するため、正式な処分内容の発表は、後日、改めて行われることになった。

 今回の処分対象となる問題は、昨年12月2日のWBA、IBF世界Sフライ級統一戦で起きた。WBA王者のリボリオ・ソリスが計量に失敗して、試合前にタイトルを剥奪されたが、統一戦は行われることになり、前日のルールミーティング終了後に、WBA、IBF、JBCの3者の代表が揃って行われた記者会見でIBF王者の亀田大毅選手が負けた場合、同王座は空位になると発表された。しかし、試合後にIBFの立会い人であるリンゼイ・タッカー氏が「試合前の時点でタイトルは保持されていた」と、前言を撤回したため、日本のボクシング界を揺るがす騒動となった。

 亀田サイドは、「前日のルールミーティングで、負けても防衛ということが書かれた文書が配布された。我々は口頭での確認もした」と主張した。前日のルールミーティングでIBFルールがプリントされたものが配られたのは事実だったが、ルールミーティングの中で「負けても空位」か「負けても防衛」かの再確認はされていなかった。

■「出て行ってもらう」の意見に多くの委員が賛同

 倫理委員会では、「JBCが、そこで確認を怠ったという不備があるのではないか」という亀田ジムへ厳しい処分を下すことへの慎重論も出た。だが、JBC側は、「言った、言わないの証言の食い違いの議論ではなく、では事前に知っていたなら、なぜファンやJBCへの報告を怠ったのか。JBCは日本のボクシング界という業界の最低限のルールを見守る番人である。そのルールを守れないのであれば、出て行ってもらうしかない。それ相応の処分を出すことに問題はない」という主張を崩さず、多くの委員が、この意見に同意した模様だ。

1/2ページ

最終更新:1月30日(土)3時33分

THE PAGE

スポンサード記事