ここから本文です

<ソチ五輪>プルシェンコへの評価割れる=羽生「今でもヒーロー」 中国選手「過去の人」―中国メディア

Record China 2月7日(金)13時12分配信

2014年2月7日、網易体育によると、ソチ五輪フィギュアスケート団体戦の男子ショートプログラム(SP)が行われ、男子は日本の羽生結弦がロシアのプルシェンコを押さえて首位。中国の●涵(イエン・ハン、●=門がまえに「三」)は4位だった。

【その他の写真】

羽生は97.98点の高得点で、2位のプルシェンコ(91.39点)に大差を付けた。3位はカナダのパトリック・チャン(89.71点)だった。注目されたのは羽生と●涵の2人の10代選手のプルシェンコに対する評価だ。

4回目のオリンピックに挑む31歳のプルシェンコについて、羽生は「今でも自分の心の中のヒーロー。同じリンクで滑れて気持ちが良かった」と語ったのに対し、●涵は「子どものころのアイドルと試合ができるのはうれしいが、時代は変わった。彼のスケーティングや表現は過去のものだ」と述べた。(翻訳・編集/北田)

最終更新:2月7日(金)13時12分

Record China

 

いつものYahoo!ニュースをiPadで。公式アプリ誕生!
朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュース