ここから本文です

ディズニー・アニメーション『アナと雪の女王』大ヒット 興行収入100億円超えペース

THE PAGE 2014年3月17日(月)21時11分配信

 第86回アカデミー賞で2部門(長編アニメ、歌曲)を獲得したディズニー・アニメーション『アナと雪の女王』が、公開から3日間で興行収入約9.8億円というスタートを切った。週末3日間の興行成績は約9.8億円、観客動員は79万人。

 これは、2013年に興行収入89.6億円の大ヒットとなった『モンスターズ・ユニバーシティ』(公開初日から3日間の興行成績9.5億円、観客動員68万人)、2002年に95億円の大ヒットとなった『モンスターズ・インク』(興行成績6.8億円、観客動員53万人)を上回るもの。驚異的な人気に、興行収入100億円も夢ではない。全米で昨年11月から公開され、ディズニー・アニメーション史上最高の大ヒットとなっている。

 『アナと雪の女王』は、アンデルセンの童話『雪の女王』をモチーフに映像化された作品。仲良し姉妹だった姉・エルサと妹・アナ。しかし、エルサの持っている、触れたものを凍らせる魔力は次第に強力になり、二人の仲は引き裂かれてしまう。

 公開初日の3月14日には、平日にも関わらず、朝から満席の劇場もあるなど、多くのファンが劇場に押掛けていたという。「日本語版」と「英語字幕」をそれぞれみたい、というリピートを希望するファンも少なくないという。

最終更新:2015年12月7日(月)4時10分

THE PAGE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。