ここから本文です

ロボット関連株が急伸、政府の低価格ロボット普及支援戦略が伝わる

サーチナ 6月16日(月)10時11分配信

 菊池製作所 <3444> 、CYBERDYNE <7779> が急伸した。川田テクノロジーズ <3443> 、ハーモニック・ドライブ・システムズ <6324> 、ヒーハイスト精工 <6433> なども買われている。

 低価格ロボットの普及を支援する政府の戦略を16日付の読売新聞が伝え、ロボット関連株の支援材料になった。

 人手不足や高齢化の問題を解決させるため、介護や農業、インフラ点検・災害、工場の分野で補助金を出すなどして集中的に支援。国内の市場規模を12年の約7000億円から20年に約2.4兆円に拡大させるという。6月下旬にまとめる新たな成長戦略に盛り込む。東京五輪に合わせて「ロボットオリンピック(仮称)」も開くとも報じた。(編集担当:宮川子平)

最終更新:6月16日(月)10時11分

サーチナ

 

チャート

菊池製作所3444
6680円、前日比-130円 - 8月21日 15時0分

チャート

CYBERDYNE7779
3480円、前日比+25円 - 8月21日 15時0分

チャート

川田テクノロジーズ3443
5000円、前日比-70円 - 8月21日 15時0分