ここから本文です

顔をいじったメグ・ライアン、外見批評を非難で炎上

Movie Walker 2015年12月5日(土)18時0分配信

顔をいじりすぎたせいで唇が魚のように腫れあがるなど、整形手術の失敗例として常に話題になっているメグ・ライアン(54)が、「女性を年齢や外見で判断するのはおかしい」とインタビューで語り、非難が殺到している。

【写真を見る】『ユー・ガット・メール』などでヒットを飛ばしていた98年頃のメグ

かつてはロマコメの女王ともてはやされたメグも、年齢と共に外見の衰えは隠せず。キャリアの低迷を補うべく、かなりの頻度で美容整形、ボトックスにフィラーと顔に手を加え、2013年には整形による典型的な“ジョーカー唇”が話題となった。

それだけ顔に手を加えているにもかかわらず、メグはPorter誌のインタビューで、「いろいろあったけれど、私は今の自分が大好きだし、年を取ることを恐れていない。年齢のこととか髪の毛の色とか、5分くらいなら話していて楽しいけれど、それ以上は楽しくないわ。外見とか年齢で判断するのも、そういう話題も時間の無駄よ。世界中に人の悪口が好きな人がいるけれど、なんて愚かなことなんでしょう」と語っている。

苦しんだ過去と決別し、達観したコメントとも言えそうだが、「外見や年齢で判断するのが愚かなら、なんで自分は顔をいじりまくったのだろう」「ケイト・ウィンスレットが言うならわかるけれど、今でも顔をいじって若さを保とうとしているメグが言っても説得力がない」「言っていることとやっていることが矛盾している」「悪口じゃなくて、事実だ」といった非難の声が上がっている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:2015年12月5日(土)18時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。