ここから本文です

レアルが一気に10人放出!? C・ロナウド、クロース、S・ラモス……ペレス会長が大革命を発動か

theWORLD(ザ・ワールド) 1月2日(土)13時0分配信

大幅なメンバー入れ替え?

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長がとんでもない大改革に着手しているようだ。同氏はチームを率いるラファエル・ベニテス監督を筆頭に、主力級の選手ら10人を一気に放出するつもりだという。

スペイン紙『スポルト』によればペレス会長はクリスティアーノ・ロナウドにカリム・ベンゼマ、トニ・クロース、セルヒオ・ラモス、イスコ、ヘセ・ロドリゲス、アルバロ・アルベロア、デニス・チェリシェフ、ケイロル・ナバス、そしてベニテス監督ら10人にすでに見切りをつけたとのこと。ロナウドは給与の高さ、クロースは標準以下のプレイ、そしてラモスはドレッシングルームにおけるネガティブな反逆児のイメージによって、それぞれ放出を検討されているという。また同メディアによればペレス会長はこれらの選手放出によって2億ユーロもの資金を捻出し、バイエルン・ミュンヘンのロベルト・レヴァンドフスキやチェルシーのエデン・アザールといった選手の獲得資金に充てるようだ。

今季のレアルは0-4と大敗したクラシコや、チーム内の亀裂報道などネガティブなニュースばかりが続いていた。この大胆なプロジェクトが仮に実現するならば、ヨーロッパ全土を巻き込む選手の大移動が始まることになるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:1月2日(土)13時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]