ここから本文です

宮市亮を忘れるな! 復帰迫る日本の“音速ドリブラー”は「負傷前よりパワーアップしてる」と宣言

theWORLD(ザ・ワールド) 1月2日(土)22時0分配信

悩める天才が復活へ

宮市亮は今夏よりアーセナルからザンクトパウリへと加入するも、プレシーズンマッチでの負傷により、今季はいまだにチームに貢献できていない。しかしそんな悩めるドリブラーにも、とうとう復帰の時が近づいているようだ。

独『キッカー』のインタビューに応えた宮市は復帰への意気込みを語ると同時に、辛く孤独だったリハビリ中の心情を打ち明けた。

「復帰に向けて厳格なトレーニングプログラムに日々ハードに取り組み続けています。ものすごくハードな日々でした。サッカー選手である以上は、いつだってピッチの上でなるべくボールに触れたいと思うものです。それなのに自分1人だけがフィットネスルームにこもって、他のチームメイトが懸命に取り組む姿をただ眺めるのは、結構辛い経験でした」

しかしそんな苦しい時期も間もなく終わりを迎える。「日々、状態は良くなっていっていますよ」と明るく口にした宮市は、このリハビリ期間を利用してフィットネスの向上にも取り組んだようだ。そして本人いわく、「負傷前よりも、明らかにパワーアップした自分を感じている」という。

かつてはアーセナルにも所属し、世界レベルの選手たちともプレイした経験を持つ宮市だが、やはり難点は怪我の多さだろう。その超人的なスプリントはプレミアリーグでも十分に通用していただけに、一刻も早い宮市亮の本来の姿を見せてほしいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:1月2日(土)22時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている