ここから本文です

ブラジルメディアがJリーグクラブ格付け! 一番成功を収めているクラブは……

theWORLD(ザ・ワールド) 1月5日(火)23時0分配信

1位はダントツで……

Jリーグは今年、誕生から24年目のシーズンを迎える。これまでのJリーグを振り返り、一番成功を収めているクラブはどこなのだろうか。ブラジルメディア『globo』は、Jリーグクラブが獲得してきた各大会のタイトルにポイントをつけ、Jリーグクラブの格付けを行っている。

ポイント付けされるタイトルは、J1リーグや天皇杯、ナビスコカップといった国内3大タイトルから、ACLやスルガ銀行カップ、J2リーグ、ゼロックススーパーカップなども含まれている。また、一番ポイントが高いタイトルはACLで20ポイント。さらにJリーグの15ポイント、天皇杯の12ポイントが続く。

合計ポイント数で1位に輝いたのは、国内3大タイトルでいずれも最多優勝を誇る鹿島アントラーズだ。3大タイトルの17冠に加え、スルガ銀行で2回優勝。さらにゼロックスでも最多となる5回の優勝を果たしており、200ポイントを獲得。2位に大きく差をつけて1位に輝いた。

2位は117ポイントを獲得したG大阪となった。同クラブは2008年のACL優勝や、2014シーズンの3冠達成で大きくポイントを伸ばしている。3位に続いたのは2015シーズンJ1昇格を果たしたジュビロ磐田。6個の国内3大タイトルに加えて、99年にはACLの前身であるアジアクラブ選手権を制しており、95ポイントを稼ぎ3位にランクインした。

以下、順位とポイント数

1.鹿島アントラーズ:200
2.ガンバ大阪:117
3.ジュビロ磐田:95
4.横浜F・マリノス:84
5.東京ヴェルディ:77
6.浦和レッズ:66
7.サンフレッチェ広島:51
8.柏レイソル:45
9.名古屋グランパス:43
10.横浜フリューゲルス:34

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:1月5日(火)23時0分

theWORLD(ザ・ワールド)