ここから本文です

“イブラ節”フルスロットル! 「男子サッカーと女子サッカーを比べるなんて笑えない話だ」

theWORLD(ザ・ワールド) 1月13日(水)20時0分配信

またもや辛口全開?

近年、世界中で男子に負けず劣らずの盛り上がりを見せ始めている女子サッカーだが、スウェーデン代表ズラタン・イブラヒモビッチの評価は少し厳しいものかもしれない。

歯に衣着せぬ発言が毎度のように話題にされてしまうイブラヒモビッチは、スウェーデン紙『Expressen』のインタビューに応え、女子サッカーについて言及した。

「俺は欧州の舞台ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較されるが、国内ではひとりの女子選手と比較される。もちろんロッタ・シェリンが成し遂げてきたことにはとても敬意を払っているし、スウェーデンの女子サッカーも素晴らしい結果を残してきた。でも男子サッカーと女子サッカーを比べるなんてありえない。笑えない話だよ。彼女たちの個人的な偉業に対しては高級車じゃなく、俺のサイン入り自転車を与えれば十分だろ?」

この発言は、スウェーデンサッカー協会による同国のサッカーアワードにおいて、代表歴代最多キャップを更新したベテランMFアンデシュ・スベンソンが同協会から高級車を贈呈されたことに起因している。同選手の長年にわたる功績を称えたスウェーデンサッカー協会だったが、一方でスベンソン以上の代表キャップ数を誇る女子代表選手テレーセ・ショーグランには何も贈呈しなかった。これにより同協会は多方面から「女子差別だ」という批判を浴びることになった。

確かに男子サッカーと女子サッカーを単純に比較することは難しいかもしれないが、イブラヒモビッチによる辛口なこの発言はすでに多くの波紋を呼んでいる。同国女子代表のスンドハーゲ監督は「チームのキャプテンをつとめる選手がああいった発言をするのは、スウェーデンサッカーにとって悲しいこと」と、イブラヒモビッチの発言を憂いた。なお、イブラヒモビッチ自身は、自転車についてはただのジョークだったと弁明している模様だ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:1月13日(水)20時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている