ここから本文です

33歳のカッサーノが“グレてた過去”を猛省「まったく本気出してなかった」「怠け者だと気付いたけどもう遅い」

theWORLD(ザ・ワールド) 1月20日(水)19時30分配信

ユーロ出場を願う

サンプドリアに所属する33歳の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、自身のこれまでのキャリアにおける悪態を反省。また今年開催されるユーロ2016への出場を夢見ていることを明かした。

同選手は過去に所属した多くのクラブで様々な問題を起こし、その短気な性格によって“問題児”のレッテルを貼られてきた。だが本人いわく現在は改心し、若き日の言動を反省しているようだ。伊『Mediaset』がこれを伝えた。

「この10年間、みんなは僕が才能を無駄にしていると言った。問題なのは僕が自分自身を堕落させてしまったことだ。僕は怠け者だったし、まったく本気を出していなかった。この2~3年でようやく気付いたんだ。すべては監督ではなく僕に原因があったってね。監督が厳格な戦術家タイプだったときは反逆者になって、逆に優しい監督のときは怠け者だった。僕がベストを尽くさなかったのなら、それは監督の落ち度によるものじゃない。ようやく気付いたけどもう遅すぎるね」

過去を反省したカッサーノだが、再び代表の舞台で輝くことを完全に諦めてはいないようだ。

「10億分の1の可能性ほどしかないことは理解してるよ。アントニオ・コンテは自分自身を犠牲にできる選手を求めているからね。だから僕はトレーニングでの態度を改めたんだ。ほぼ不可能だとしても僕はユーロ出場を願ってるよ」

かつてはローマやレアル・マドリードで、ファビオ・カペッロ監督とも衝突を繰り返してきたカッサーノ。今後は改心し、新たなカッサーノが見られることになるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:1月20日(水)19時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている