ここから本文です

【MLB】メジャー移籍目指す李大浩、契約結べないまま帰国も 韓国メディア報じる

Full-Count 1月25日(月)23時13分配信

米国から今週帰国へ、「それまでに契約を結ぶことを望んでいる」が…

 メジャーリーグ挑戦を目指し、ソフトバンクを自由契約となった李大浩内野手が、今週中に韓国に帰国すると韓国英字新聞「コリア・ヘラルド」(電子版)が報じている。

NPB各球団発表、今オフこれまでの補強、退団、移籍、契約、戦力外一覧

「コリア・ヘラルド」は「MLB球団との契約がないまま、フリーエージェントの李大浩が帰国する」との見出しで特集を掲載。冒頭で「関係者が月曜に話したことによると、韓国のFAスラッガー、李大浩はアメリカでのトレーニング・キャンプから今週帰国する予定だ。それまでに大リーグ球団との契約を結ぶことを望んでいる」と伝えている。

 さらに「韓国野球機構(KBO)の球団、ロッテ・ジャイアンツに在籍していたことのある33歳の一塁/DHは今月、アリゾナにいた。彼の韓国での代理人モンティス・スポーツ・マネジメント・グループから1人が選手とともに渡米し、契約成立に向けて彼のアメリカでの代理人MVPスポーツ・グループとともに動いている」と現状を説明。ただ、新たなチームが決まらないまま米国を後にする可能性も十分にありそうだ。

幼なじみのレンジャーズ・秋信守の存在も刺激に

 記事では、李大浩が昨年、NPB4年目で最も「生産的なシーズン」を過ごしたと紹介。キャリアハイの31本塁打、98打点をマークし、ソフトバンクの日本一連覇に貢献して日本シリーズMVPに輝いたことにも言及している。

 オフにはMLB移籍を目指して自由契約に。「コリア・ヘラルド」は「彼のオフは騒がしかった。李は先月、テネシー州ナッシュビルで行われたMLBのウィンターミーティングに韓国人FAで唯一参加し、そこで4人のGMと会ったという」としている。

 さらには「李はアメリカのメディアによる未契約FAリストで最上部に置かれている。最近では金曜のMLB.comでリストアップされ、サイトでは契約可能な10人のお買い得FAのうち7番目と格付けされた」とも指摘。ただ、いまだにどの球団とも合意には達していない。メジャー移籍が叶わなかった場合、李大浩はソフトバンクに残留する見込みとなっている。

 記事の最後では、李大浩がレンジャーズの秋信守外野手と同じ釜山出身の幼なじみで、高校時代にはライバルチームのエース同士だったという事実も紹介。今やMLBで確固たる地位を築いている好打者の存在が刺激となり、李大浩をメジャー挑戦へと突き動かしているのだろうか。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:1月25日(月)23時28分

Full-Count