ここから本文です

あす29日(金)以降は東日本内陸で大雪のおそれ 平野部も雪か

ウェザーマップ 1月28日(木)12時4分配信

 あす29日(金)から30日(土)にかけて低気圧や前線が日本付近を通過するため、東日本の内陸で大雪のおそれがある。さらに関東の平野部でも雨に雪が混じる可能性が出てきたため、注意が必要となる。また、きょうは春のような暖かさの所でも、あすは再び平年を下回る厳しい寒さになりそうだ。

 現在、九州の西に前線をともなった低気圧があり、その影響で九州や中国地方の一部ですでに雨が降り始めている。今後、低気圧は日本の南岸を東へ進む予想で、雨の範囲は次第に東へ広がり、あすからあさってにかけては西日本から東日本を中心に広い範囲で天気が崩れる見込みだ。特に西日本・東日本では降水量が多くなり、太平洋側ではこの時期としては大雨となる所もある。

 また、東日本の内陸を中心に、あす29日から31日朝にかけて雪が降り、大雪となる所がありそうだ。雪による交通機関への影響や路面の凍結に注意が必要となる。
 さらに最新の情報では、内陸だけではなく、都心も含めた関東平野部でも雨に雪の混じる可能性が出てきた。平野部で大雪になることはなさそうだが、念のため雪への備えをした方がよさそうだ。

 そして、気温も大幅に低くなる見込み。きょうの予想最高気温は、東京14℃、名古屋13℃、大阪12℃など、3月並みの春のような暖かさの所もあるが、あすは東京6℃、名古屋・大阪8℃と平年並みか平年を下回る寒さになる予想。体調管理にも注意が必要だ。

最終更新:1月28日(木)12時25分

ウェザーマップ

Yahoo!ニュース 特集(深層クローズアップ)