ここから本文です

ハリポタの魔法学校、日本にもあった! 作者が明かしたその場所は

BuzzFeed Japan 1/31(日) 6:39配信

「ハリー・ポッター」シリーズの魔法学校といえばホグワーツだが、作者のJ.K.ローリングさんが自身のウェブサイト「Pottermore」で、なんと日本にあるという魔法学校の詳細を明かした。

サイトによると、日本の魔法学校の名前は「マホウトコロ(Mahoutokoro)」。小笠原諸島にある南硫黄島の最も高い場所にあり、建物は白いヒスイでつくられているとのこと。

マホウトコロに入学した生徒たちは、成長とともにサイズが変化していくローブが与えられる。このローブは、魔法の習熟度によって色が変化していくという。

成績の良い生徒のローブは金色になる。また、「闇の魔術」など、違法なことした生徒のローブは白に変化し、退学になる上、日本の魔法省の裁判にかけられてしまう、とのこと。

マホウトコロは、魔法の箒に乗って競う球技・クィディッチが強い。それはかつて、ホグワーツの魔法使いが箒に乗ってマホウトコロにやってきた際に、クィディッチを教えたことが理由のようだ。

サイトにはほかにも、ブラジルのCastelobruxoと、アフリカ大陸のUagadouという魔法学校について詳しく書かれている。

また、アメリカが舞台とされる、2016年冬に日本で公開予定の映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」とも関係が深そうなアメリカの魔法学校Ilvermornyの名前も発表された。

このほか、フランスと北ヨーロッパの2校についても、新しい詳細が書かれている。

ローリングさんは世界には11の優れた伝統ある魔法学校があると書いている。名前や詳細のまだ明かされていない4校がどこにあるのかも気になるところだ。

最終更新:1/31(日) 6:39

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]