ここから本文です

ミラン指揮官、先制点アシストの本田を絶賛「とても信頼できる選手」

SOCCER KING 2月1日(月)11時34分配信

 セリエA第22節が1月31日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランは同DF長友佑都が所属するインテルと対戦し、3-0で快勝を収めた。試合後、シニシャ・ミハイロヴィッチ監督がイタリアメディア『Rai』のインタビューに応えた。

 ミラノ・ダービーで快勝を収めたミハイロヴィッチ監督は「監督として最も大きな喜びだ。なぜならダービーに勝利した者は歴史に名を残すことができる。我々の(シルヴィオ・)ベルルスコーニ名誉会長のためにこの勝利を嬉しく思う。我々は名誉会長に大きな喜びをもたらすことができた」と話し、喜びを爆発させた。

 そして、先制点をアシストした本田については「彼はとても信頼できる選手。全ての日本人と同じように、きっちりと命令を遵守してくれる。我々にとっては貴重な選手だ。クオリティーを与えてくれ、犠牲心を払ってプレーし、ボールを失うこともめったにない。あとは何ゴールか決めてくれることだけが必要だろう」と絶賛。チームにとって欠かせない選手であると主張した。

 また、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューでは「サイドアタッカーとして素晴らしい試合をしましたね?」と記者から問われると「彼は自分にはスピードがなく、1対1を突破できるようなテクニックもないと言っている。しかし、今日は持っているもの全てを出してくれた。このようにプレーするか、あるいはベンチを温めるかのどちらかだ。彼が選択しなければならない。4-4-2のフォーメーションでは、このポジションでしかプレーできない」と右サイドだけが本田の居場所であることを強調した。

SOCCER KING

最終更新:2月1日(月)12時7分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]