ここから本文です

ソウル市長「少女像の撤去は難しい」

聯合ニュース 2月2日(火)17時24分配信

【ソウル聯合ニュース】ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は2日、ソウル・日本大使館前の慰安婦被害を象徴する少女像について、撤去は難しいとの立場を示した。
 朴市長はソウルの韓国プレスセンターで開かれた外国メディア向け記者会見で、「少女像は民間、市民が設置したため、公共機関が強制的に撤去するのは非常に難しい」との認識を示した。
 また、「外交的合意にもかかわらず、韓日間の春はまだ訪れていない。地方自治体レベルではソウル市と東京都はとても親密な関係だ。地域対地域、人対人の関係が強まれば、結局は韓国に友好的になるだろう」と述べた。
hjc@yna.co.kr

最終更新:2月2日(火)17時24分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

思わず息を呑む生後21日間のミツバチの姿
ミツバチが姿を消している事は誰もが知っていますが、ミツバチの巣がそれ程までに脆弱化して来ている原因は何でしょうか?写真家のアナンド・ヴァルマーは、自分の裏庭でミツバチの生態を撮影しました。このナショナル・ジオグラフィックの企画を通して、ミツバチの棲家の叙情的な一コマを垣間見れると共に、生後21日間のミツバチの命が寄生ダニに脅かされている様子を目の当たりにする事が出来ます.