ここから本文です

X JAPANのPATA、緊急入院で現在は小康状態、活動の一部を当面延期

MusicVoice 2月3日(水)13時29分配信

 ロックバンドのX JAPANのメンバーであるPATA(本名:石塚智昭)が1月15日から都内の病院に緊急入院していたことがわかった。ICU(集中治療室)で治療を受けていたが、現在は深刻な状況を脱し、小康状態を保っている。リーダーのYOSHIKIは「これ以上X JAPANに悲劇が起きないことを祈るばかりです」とコメントした。

 大腸憩室炎及び門脈血栓症と診断され、点滴で栄養補給を行っている。この状況を受け、今年3月12日に予定していたウェンブリー・アリーナ公演を始めとする現在決まっているX JAPANの活動の一部を当面延期する。ウェンブリーアリーナ公演は2017年3月4日を振替公演とし、新しいアルバム発売日に関しては状況を見ながら検討する予定。

 X JAPANのメンバーは次のようにコメントしている。

 YOSHIKI「悲しい気持ちで心がいっぱいです。言葉では表せないほど、ファンの皆様を悲しませてしまって本当に申し訳ないと思っています。”SHOW MUST GO ON“(ショ ーは続けなければならない)といつも口にしていますが、今はPATAの容態を見守ることしかできません。これ以上X JAPANに悲劇が起きないことを祈るばかりです。ファンのみなさんなくしてX JAPANはありません。今まで以上になく強くなって復活することを約束します」。

 ToshI「ファンの皆様には、ご心配、ご迷惑をおかけしてしまいましたこと、心よりお詫び申し上げます。今後も XJAPANとして再びPATAと一緒に音楽活動ができることを楽しみにしております」。

 HEATH 「ウェンブリー公演、ニューアルバムが延期となりましたことを、心よりお詫び申し上げます。完璧な状態でのX JAPANをファンの皆様にお届けする為にお時間を頂くこととなりました。完全復帰の際には最高のサウンドを奏で、最高なステージを繰り広げてまいりま すので、今後の活動にご期待下さい」。

 SUGIZO「PATA さんのいないX JAPANはありえない。俺は待ち続けます」。

 X JAPANは現在、ドキュメンタリー映画『WE ARE X』の快進撃を展開している。この悲報の中、本作品は世界で最も栄誉ある国際映画祭の一つ、サンダンス映画祭でワールド・シネマ・ドキュメンタリー部門にノミネートされ、最優秀編集賞を受賞した。リーダーのYOSHIKIは、1月22日に同映画祭史上初となるオフィシャル・オープニングイベントでのピアノ演奏を披露したばかり。

 ワールドツアー及びスタジオ・アルバム発売が延期を余儀なくされたことは残念な結果ではあるが、PATAの1日でも早い回復を願う傍ら、ファンのためにもX JAPANは今可能な限りの活動を続けたいとしている。

最終更新:2月3日(水)13時43分

MusicVoice

トルコ クーデター未遂の背景は

トルコで軍の一部がクーデターを企てた背景には、「独裁色」を強めるエルドアン大統領への反発。国内外の識者の見方は。