ここから本文です

首位レスター、エースの2発でリヴァプール撃破…岡崎は2点目演出

SOCCER KING 2月3日(水)6時35分配信

 プレミアリーグ第24節が2日に行われ、日本代表FW岡崎慎司のレスターとリヴァプールが対戦。岡崎は先発出場を果たした。

 リーグ戦23試合を終え、勝ち点47で首位に立っているレスター。リーグ戦では最近5試合負けなしだが、2勝3分けとやや足踏み状態が続いている。リーグ戦での前回の敗戦は昨年12月26日の第18節で、相手は今日と同じリヴァプールだった。ホームでリベンジを果たし、勝ち点を伸ばしたいところだ。先発メンバーは前節のストーク戦と同じ11人。不動のメンバーで勝利を狙う。

 対するリヴァプールは、勝ち点34で7位につけている。上位進出の足掛かりにするためにも、首位相手のアウェーゲームで意地を見せたい。1月30日のFAカップ4回戦ウェストハム戦、1月26日に行われたキャピタル・ワン・カップ準決勝セカンドレグのストーク戦と、2試合連続で無得点に終わっているだけに、攻撃陣の奮起が必要だ。前線にはイングランド代表MFジェームズ・ミルナーとブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、イングランド代表MFアダム・ララーナが入った。

 最初の決定機は8分、レスターのものだった。岡崎が中盤でボールを奪い、カウンターを発動。左前方のジェイミー・ヴァーディに預け、自身はゴール前へ走り込む。ヴァーディからのクロスに反応した岡崎は至近距離からヘディングシュートを放ったが、GKシモン・ミニョレの手に弾かれたボールは、クロスバーに当たって枠の外へ。惜しくも得点とはならなかった。

 対するリヴァプールも10分、左サイドからのクロスをゴール前で折り返し、最後はエムレ・ジャンがボレー。今度はGKカスパー・シュマイケルが好セーブで立ちはだかった。

 立ち上がりに互いに決定機を作った後は、一進一退の展開となった。攻守の切り替えが素早い好ゲームとなり、拮抗した内容で推移。35分にはレスターが敵陣でボールを奪い、最後はリヤド・マフレズが強烈な左足ミドルシュートで枠を捉えたが、GKミニョレが弾き出した。前半はスコアが動かず、0-0でハーフタイムを迎えた。

 後半最初のチャンスはリヴァプール。48分、ペナルティーエリア左側での細かいパス交換から最後はジャンが右足シュートを放ったが、枠の左へ外れた。レスターも51分、岡崎が敵陣右サイドでの組み立てに参加し、前方へ。ペナルティーエリア右手前でこぼれ球を拾うと、鋭い切り返しで相手をかわし、右足を振り抜く。コースを狙ったシュートは枠の上へと逸れた。

 60分、均衡を破ったのはホームのレスターだった。自陣からのロングボール1本でヴァーディが最終ラインの背後へ抜け出すと、ペナルティーエリア右手前でボールの落下点を確保する。タイミングを計り、ワンバウンドしたところに合わせて右足を振り抜くと、強烈なボレーシュートがゴールへ吸い込まれた。ヴァーディのスーパーゴールで、レスターが先制点を奪った。得点ランク首位のヴァーディは2試合連続ゴールで、今シーズン17得点目を記録した。

 1点ビハインドを負ったリヴァプールは66分、クリスティアン・ベンテケを前線に投入して打開を図る。ただ、ボールポゼッション率ではレスターを圧倒していたが、なかなか決定機を作るには至らない。

 そして72分、次のゴールもレスターのものだった。ペナルティーエリア右手前でボールを持った岡崎がシュートを狙うと、相手DFに当たったボールがヴァーディのもとへこぼれる。ヴァーディは落ち着いて押し込み、2点目を決めた。

 ラスト15分、レスターはリヴァプールの攻勢を受けたものの、最後まで集中力を保って応戦。得点を許さなかった。岡崎は87分に途中交代となったが、ホームの観衆はスタンディングオベーションでプレーを称えていた。

 試合は2-0で終了。レスターがリーグ戦2連勝を果たし、勝ち点を50に伸ばして首位をキープした。次節は6日、勝ち点差3で2位につけるマンチェスター・Cとのアウェーゲームを控えている。一方、敗れたリヴァプールは、昨年12月以来のリーグ戦2連勝とはならず。次節は6日、サンダーランドをホームに迎える。

【スコア】
レスター 2-0 リヴァプール

【得点者】
1-0 60分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
2-0 72分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)

SOCCER KING

最終更新:2月3日(水)6時35分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]