ここから本文です

春の足音 ほころぶ梅にメジロ きょう「立春」 長崎県五島市

西日本新聞 2月4日(木)15時50分配信

 暦の上では春の始まりとされる4日の「立春」を控え、節分の3日、長崎県内各地では梅が咲き始め、春の足音が聞こえ始めた。

【写真はこちら】恵方巻き125メートル「世界一」 長崎

 五島市下大津町の天満神社の境内では、メジロが蜜を求め、梅の花の間を飛び回っていた。宮司の中村秀記さん(42)は「祭っている菅原道真公ゆかりの梅が咲きだし、うららかな春を感じます」と話した。
 長崎地方気象台によると、4日は県内の多くが天候に恵まれ、最高気温は平年並みとなる見通し。

西日本新聞社

最終更新:2月4日(木)18時33分

西日本新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている