ここから本文です

長友フル出場のインテル、最下位相手に辛くもドロ―…セットプレーから3失点

SOCCER KING 2月7日(日)22時21分配信

 セリエA第24節が7日に行われ、ヴェローナと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

 最下位に沈むヴェローナは、前節アタランタを2-1で下し、ようやく今シーズン初勝利を挙げた。だが依然として残留圏内の17位とは勝ち点差が「10」離れており、ホームゲームでなんとか勝ち点を獲得したい。対するインテルは前節5試合ぶりに白星を取り戻した。首位ナポリとの勝ち点差は「9」と、優勝を狙う上でこれ以上の取りこぼしは許されない。長友は右サイドバックで2試合連続の先発出場を果たしている。

 最初にチャンスを作ったのはインテル。7分、右サイドでボールを受けたロドリゴ・パラシオがエリア内右にスルーパスを通すと、これを受けたマウロ・イカルディが中央にリターン。フリーで走り込んだパラシオが左足ダイレクトで狙ったが、GKピエルルイジ・ゴッリーニが好セーブで凌いだ。

 決定機を逃したインテルだが直後に先制点が決まる。8分、右からのCKにジェイソン・ムリージョが頭で合わせてネットを揺らした。だが、失点を喫したヴェローナもすぐさま反撃。13分、ルカ・マッローネが蹴った左CKにフィリップ・ヘランデルがヘディングで合わせ、試合を振り出しに戻した。さらに16分、右サイドでFKを得るとマッローネがクロスを供給。これをファーサイドのエロス・ピザーノがヘディングで押し込み、ヴェローナが逆転に成功する。

 攻め手を欠くインテルは41分、セットプレーのこぼれ球を拾ったアレックス・テレスが右足でミドルを狙ったが、シュートは枠の左に外れた。試合はこのまま2-1で前半を折り返す。

 後半に入り56分、インテルはエリア手前でボールを持ったジョフレイ・コンドグビアが左足で強烈なミドルシュートを放ったが、ここはGKの正面に飛んでしまった。すると直後の57分、右CKを得たヴェローナはマッローネのクロスに飛び込んだアルトゥール・イオニツァがヘディングシュートを叩き込み、リードを2点に広げた。

 またもセットプレーから失点を喫したインテルは61分、左サイドのイヴァン・ペリシッチが左足でグラウンダーのアーリークロスを供給。これをゴール前に走り込んだイカルディが押し込み、すぐに1点差に詰め寄る。さらに78分、右サイドに抜けだしたパラシオが低いクロスを送ると、中央に飛び込んだイカルディには合わなかったが、ファーサイドでフリーとなっていたペリシッチが左足ダイレクトで蹴り込み、インテルが同点に追いついた。

 終盤はカウンターからヴェローナに勝ち越しのチャンスが生まれたが決め切ることができず、結局3-3のままタイムアップを迎えた。ヴェローナは連勝こそ逃したものの、これで5試合負けなし。インテルは手痛いドローとなった。

 次節、ヴェローナは11日にラツィオと、インテルは14日にフィオレンティーナと、それぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
ヴェローナ 3-3 インテル

【得点者】
0-1 8分 ジェイソン・ムリージョ(インテル)
1-1 13分 フィリップ・ヘランデル(ヴェローナ)
2-1 16分 エロス・ピザーノ(ヴェローナ)
3-1 57分 アルトゥール・イオニツァ(ヴェローナ)
3-2 61分 マウロ・イカルディ(インテル)
3-3 78分 イヴァン・ペリシッチ(インテル)

SOCCER KING

最終更新:2月7日(日)22時25分

SOCCER KING