ここから本文です

これがレアルの新銀河系軍団か!? ペレス会長が狙うクレイジーな11人

theWORLD(ザ・ワールド) 2月8日(月)15時0分配信

果たしてどれほどの金額が必要になるのか

リーガ・エスパニョーラのみならず、バルセロナが欧州サッカーを支配している現在の構図はライバルのレアル・マドリードにとっては許せないものだ。フロレンティーノ・ペレス会長も現状に不満を抱いているはずで、ジョゼップ・グアルディオラに次ぐ黄金期を築かれることだけは避けたい。そんなペレス会長は、指揮官ジネディーヌ・ジダンを高みへ押し上げようと最大限サポートする考えで、今夏に複数のスーパースター獲得を模索しているという。

スペイン紙『SPORT』はレアルが次なるプロジェクトを計画していると伝えており、ペレス会長が思い描く選手を全員獲得した場合のイレブンを紹介。もちろんこれがすべて実現することはないだろうが、ペレス会長が実現を目指すと伝えられたイレブンは以下の通りだ。

GK:ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)

DF:アルベルト・モレーノ(リヴァプール)、アイメリック・ラポルテ(アスレティック・ビルバオ)、ジョン・ストーンズ(エヴァートン)、ダビド・アラバ(バイエルン)

ボランチ:ポール・ポグバ(ユヴェントス)、マルコ・ベッラッティ(PSG)

サイドハーフ:マルコ・ロイス(ドルトムント)、エデン・アザール(チェルシー)

トップ下:ネイマール(バルセ ロナ)

1トップ:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

いくら銀河系軍団を作ってきたレアルと言えども、この11人全員を呼び寄せる資金は持っていない。もちろん今レアルに所属している選手もペレス会長とジダンの構想に入っており、新たに獲得するのは多くても2,3人になるだろう。その中でもトップリストに挙がっているのがレヴァンドフスキだ。ペレス会長は長年レヴァンドフスキを追っており、何としても今夏に獲得しようと考えている。さらにポグバは同じフランス人のジダンが好んでおり、アザールもジダンが高く評価する選手だ。

レアルとアトレティコはFIFAから今夏と来年冬の補強を禁止されていたが、同連盟は先日処分の保留を発表しており、今夏の選手獲得は可能と言われている。ペレス会長にとっても今夏は勝負の時となるが、この夢のイレブンから何人の選手がやってくるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:2月8日(月)15時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている