ここから本文です

中川翔子が舞台『ドラクエ』でアリーナ役、堀井雄二が「愛」評価

CINRA.NET 2月10日(水)21時8分配信

7月から全国5会場で開催される『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』に、中川翔子が出演することが明らかになった。

【もっと画像を見る(2枚)】

中川が演じるのは、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場する、最強を夢見る姫・アリーナ。中川は昨年発売されたアクションロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』で、アリーナの声優を務めており、その際の演技と「アリーナへの愛」が『ドラゴンクエスト』シリーズ原作者・堀井雄二に評価され、今回の起用に繋がったという。

中川はアリーナ役を演じるにあたって、「夢のような仕事で、本気で自分のこれまでの人生のすべてを賭けたい」と意気込みを明かしている。なお2月17日には、追加キャストの発表も行なわれる。

金谷かほりが演出を手掛ける『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』は、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIII』の物語をベースにしたアリーナショー。アクションやアートパフォーマンス、音楽、映像といった要素を盛り込み、モンスターとの戦いや数々の呪文を表現した公演となる。

同公演は7月22日からさいたまスーパーアリーナ、8月5日からマリンメッセ福岡、8月12日から日本ガイシホール、8月18日から大阪城ホール、8月26日から横浜アリーナで開催。チケット先行予約は現在受付中だ。


■中川翔子のコメント
ドラゴンクエストという世界的な素晴らしいゲームの30周年、そして日本で初めての大規模なスペクタクルショーにアリーナ姫として参加できる事を、本当に嬉しく思います。
これがどれほど尊く歴史的な出来事か、言葉にしきれない衝撃と喜びを感じています。
美しく気高いアリーナ姫を演じるには、果てしない努力が必要ですが、絶対に素晴らしいショーにしたいと思います。二段蹴りに挑戦もしたいです!

CINRA.NET

最終更新:2月10日(水)21時12分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。