ここから本文です

ジダンには従うロナウド「ものすごいカリスマ……」

theWORLD(ザ・ワールド) 2月10日(水)9時30分配信

選手を理解してくれている?

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、1月から新たにレアル指揮官の座に就任したジネディーヌ・ジダン監督を全力でサポートしていくつもりのようだ。

レアルは満足のいくような成績を残せていなかったスペイン人指揮官ラファエル・ベニテスを1月4日に解任。以降は同クラブの下部組織を率いていたジダンにトップチームの指揮を委ねている。同監督はここまで4勝1分の好成績を残しており、レアルに新たな風を吹き込んでいる。そんなジダン新政権の下でも引き続きエースとして君臨しているロナウドは、同監督に関して次のように述べている。

「ジダンはチームの様々な部分に変化をもたらした。チームはおよそ1ヶ月の間、ハードな練習を実施した。ジダンにはものすごいカリスマがあるし、フットボールや選手のことを本当によく理解してくれている。今後も彼がうまくいくことを願っているし、僕自身も監督を全力でサポートしていくよ」

ロナウドによる称賛のコメントは、ジダンにとって最高に心強い援護射撃となるだろう。今後の同監督の健闘に期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2月10日(水)9時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]