ここから本文です

ジダンには従うロナウド「ものすごいカリスマ……」

theWORLD(ザ・ワールド) 2月10日(水)9時30分配信

選手を理解してくれている?

レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、1月から新たにレアル指揮官の座に就任したジネディーヌ・ジダン監督を全力でサポートしていくつもりのようだ。

レアルは満足のいくような成績を残せていなかったスペイン人指揮官ラファエル・ベニテスを1月4日に解任。以降は同クラブの下部組織を率いていたジダンにトップチームの指揮を委ねている。同監督はここまで4勝1分の好成績を残しており、レアルに新たな風を吹き込んでいる。そんなジダン新政権の下でも引き続きエースとして君臨しているロナウドは、同監督に関して次のように述べている。

「ジダンはチームの様々な部分に変化をもたらした。チームはおよそ1ヶ月の間、ハードな練習を実施した。ジダンにはものすごいカリスマがあるし、フットボールや選手のことを本当によく理解してくれている。今後も彼がうまくいくことを願っているし、僕自身も監督を全力でサポートしていくよ」

ロナウドによる称賛のコメントは、ジダンにとって最高に心強い援護射撃となるだろう。今後の同監督の健闘に期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2月10日(水)9時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている