ここから本文です

「ブラックホールの謎」解明に期待。X線天文衛星、あす打ち上げ

ニュースイッチ 2月11日(木)8時10分配信

JAXAと三菱重工、国産ロケット「H2A」30号機で

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は、国産ロケット「H2A」30号機でX線天文衛星「ASTRO―H(アストロH)」を種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)から12日に打ち上げる。宇宙から飛んでくるX線を観測し、巨大ブラックホールなど宇宙の秘密を明らかにする。国内外の研究機関や企業が参加するビッグプロジェクトの成り行きに注目が集まっている。

 アストロHの目的は宇宙の成り立ちと宇宙に潜む物理現象を解明することだ。宇宙にはダークマター(暗黒物質)の重力で集まった銀河の塊があり、高温で電離したプラズマが充満している。ここから出るX線を調べることで銀河の成長過程、暗黒物質や暗黒エネルギーの性質の解明などにつなげる。 

 さらに宇宙には物質を吸い込む「ブラックホール」がある。ここから放出されるX線を解析し、このような超強重力や超高密度などの極限環境での物理法則の正しさを検証、探求する。 

 なぜ宇宙空間での観測が必要なのか―。実は我々が観測できる宇宙の物質の8割はX線でしか観測できないと考えられている。だがX線は地球の大気に吸収され、地表まで到達できない。宇宙の全貌を明らかにするには宇宙空間でのX線観測が不可欠になる。

 アストロHは軌道展開後の全長が14メートル、質量2・7トン。寿命は3年以上とされている。上空575キロメートルで地球を周回し、観測する予定だ。打ち上げ後、観測装置の立ち上げや試験観測などを経て、定常運用に入る。

 アストロHの特徴はX線光子が持つエネルギーを高精度で測定し、さらに幅広いエネルギー領域のX線を同時に観測できるところにある。2種類の望遠鏡と4種類の検出器を搭載し同時に機能させることで、3ケタにわたるエネルギー領域にある幅広いX線を観測できる。

 さらにこれらの検出器の感度は、2005年にJAXAが打ち上げた衛星「すざく」の10―100倍。高感度観測を実現し今まで見えなかった暗い天体の観測を可能にした。

 プロジェクトにはJAXAや米航空宇宙局(NASA)、国内外の大学や研究機関が参画。さらにNEC、日本飛行機(横浜市金沢区)、三菱重工、住友重機械工業などの企業も加わり、開発を進めていた。

 H2A30号機にはアストロHのほか、名古屋大学の「チューブサット2」や米国商業衛星などを相乗りさせる。また人工衛星の台座となる「衛星分離部(PAF)」を改良し、衛星解放時に発生する衝撃を抑えた新しい衛星分離機構の実証試験も行う。

 H2Aは今回の打ち上げに成功すると30機中29機が成功したことになり、成功率は96・7%となる。

日刊工業新聞・科学技術部 冨井哲雄

最終更新:2月11日(木)8時10分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

世界で最も長寿な生物
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。 [new]