ここから本文です

【訃報】PRIDEで活躍したケビン・ランデルマン逝去

イーファイト 2月12日(金)18時34分配信

 PRIDEやUFCで活躍したケビン・ランデルマン(アメリカ/44歳)が2月12日(日本時間)に病院で死去。死因は肺炎による心不全だった。ランデルマンが2度出場したことがあるIGFから発表された。また、親族のTheresa TRose Randlemanさんが2月12日付けのFacebookにて報告した。

【フォト】日本のリングで活躍したランデルマン

 ランデルマンはレスリングをバックボーンにし、マーク・コールマンに師事して1996年にMMA(総合格闘技)転向。1999年11月にはUFCヘビー級王座に就いた。2002年9月からは日本のPRIDEを主戦場にし、2004年4月にミルコ・クロコップを1RでKO、同年6月にはエメリヤーエンコ・ヒョードルをバックドロップで頭頂部からマットに叩きつけるなど活躍。“リアル・ドンキーコング”のニックネームで日本のファンに親しまれた。

 生涯戦績は17勝16敗。2011年5月7日の『FEFOMP – MAYOR’S CUP 2011』というロシアでの大会でBAGA AGAEVと対戦した試合がラストファイトとなった。

最終更新:2月15日(月)20時50分

イーファイト

オバマ氏広島へ 「核なき世界」訴え