ここから本文です

【速報】錦織4強 史上初V4へ前進、警戒の世界93位に完勝<男子テニス>

tennis365.net 2月13日(土)12時22分配信

メンフィス・オープン

男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード)は12日、シングルス準々決勝が行われ、大会史上初の4連覇を狙う第1シードの錦織圭(日本)が世界ランク93位のM・ククシュキン(カザフスタン)を6-2, 6-4のストレートで下し、4年連続ベスト4進出を果たした。

メンフィス・オープン 対戦表

試合前からククシュキンの強打を警戒していた錦織は、第1セットから主導権を握り、試合を通して1度もブレークを許さなかった。さらにドロップショットなど多彩なショットで翻弄し、世界ランク7位の力を見せつけてベスト4進出を決めた。

今回の対戦で錦織は対ククシュキン戦を5連勝とした。

準決勝では、第4シードのS・クエリー(アメリカ)と対戦する。2010年の同大会で優勝を飾っているクエリーは、同日の準々決勝で予選勝者の西岡良仁(日本)をストレートで下しての勝ち上がり。

もし、西岡がクエリーに勝利していた場合、男子ツアーで初となる準決勝での日本人対決となっていた。

昨年の同大会決勝でK・アンダーソン(南アフリカ)にストレートで勝利し、自身初・大会史上初の3連覇を成し遂げた錦織。1997年には錦織の現コーチであるM・チャン(アメリカ)もタイトルを獲得している。チャンは、今大会には同行していない。

26歳の錦織は今シーズン、開幕戦であるブリスベン国際で4年連続のベスト4進出を逃すも、全豪オープンでは2年連続3度目の8強入りを果たした。

tennis365.net

最終更新:2月13日(土)12時57分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]