ここから本文です

レスターの失速を予想するベンゲル「そろそろナーバスになり始める頃だろう」

ゲキサカ 2月13日(土)19時0分配信

 アーセナルは14日にホームで首位レスター・シティと対戦する。アーセン・ベンゲル監督は、ここまで快進撃を続けるレスターの失速を予想している。クラブ公式サイトが伝えている。

 アーセナルは12月28日の第19節ボーンマス戦で今季初の首位に浮上したが、1月13日の第21節リバプール戦から4試合白星なしで一時は4位まで転落。前節ボーンマス戦の勝利で5試合ぶりの白星を飾り、現在は2位トッテナムと勝ち点48で並び、得失点差で3位につけている。ベンゲル監督は、「重要なのは勢いを取り戻すことだ。そのためにも連勝しなければならない」と勝利の重要性を説く。

「おそらく、プレミアリーグにおける決定的な試合ではないと思うが、かと言って全く違うという訳でもない。我々が力強さを示す絶好の機会と捉えており、とてもポジティブなことだと思っている」

 対する快進撃を続けるレスターは、前節マンチェスター・シティとの首位攻防戦を制し、2位トッテナムと勝ち点5差で首位に立っている。このまま好調を維持できれば、レスターはクラブ史上初の優勝となり、1992年のプレミアリーグ創設以来では、6クラブ目となる新王者の誕生となる。ベンゲル監督は、これがプレッシャーとなり、失速する可能性があると話した。

「レスターはまだ失うものが何もない状態にある。しかし、一度でもリーグのトップに立てば手にしたものを失うかもしれないと考え始める。そろそろナーバスになり始める頃だろう。彼らがそれに対応できるかは分からない」

最終更新:2月13日(土)19時0分

ゲキサカ

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。