ここから本文です

各地で続々「春一番」 東京で最大瞬間風速21.4メートルを観測

ウェザーマップ 2月14日(日)11時0分配信

 きょう14日午前、気象庁は関東、北陸、中国、東海地方で、「春一番」が吹いたと発表した。きのう13日から全国的に風が強まっており、東京では14日午前6時半頃、最大瞬間風速21.4メートルを観測した。

 日本海には発達中の低気圧があって、北東へ向かっている。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっていて、北日本でも雨が降っている所が多い。大雨や強風に警戒するとともに、融雪による洪水やなだれにも注意が必要だ。

【北陸地方各地の最大瞬間風速 14日午前7時まで】
 新潟 8.3メートル
 富山 15.5メートル
 金沢 17.7メートル
 福井 6.1メートル

【中国地方各地の最大瞬間風速 14日午前9時半まで】
 広島 11.9メートル
 岡山 8.7メートル
 松江 22.5メートル
 鳥取 16.2メートル

【関東地方各地の最大瞬間風速 14日午前10時半まで】
 東京 21.4メートル
 千葉 25.5メートル
 横浜 23.8メートル

【東海地方各地の最大瞬間風速 14日午前11時まで】
 名古屋 13.6メートル
 岐阜  7.4メートル
 津   14.4メートル
 静岡  17.7メートル

 この後14日夜にかけては、低気圧は北海道の東の海上へ達して発達する見込み。日本付近は強い冬型の気圧配置となり、全国的に気温が下がる。夜にはこの時期本来の寒さが戻ってくるため、気温差にも注意が必要だ。

【春一番とは】
 立春から春分までの間に広い範囲で初めて吹く、暖かく強い南よりの風。日本海付近に低気圧があり、概ね8メートル以上の強い南よりの風が吹いて、気温が上昇した場合に発表される。ただ、発表期間が決まっているため、発表されない年もある。

最終更新:2月14日(日)11時29分

ウェザーマップ