ここから本文です

広瀬すず、是枝裕和監督からの「また色気づいちゃって」メールに困惑?

クランクイン! 2月14日(日)8時0分配信

 「第89回キネマ旬報ベスト・テン」の表彰式が13日、都内で行われ、『海街diary』で新人女優賞を受賞した広瀬すずが出席。同作のメガホンを取った是枝裕和監督と今もメールのやり取りをしているという広瀬は、「また色気づいちゃって、大人っぽくなっちゃってって言われて…困ります」と照れ笑いを浮かべながら、お父さん目線のメッセージを披露した。

【関連】二宮和也&深津絵里、キネ旬主演賞授賞式で名コンビぶりを披露!


 『海街diary』で四姉妹の末っ子を初々しく演じた広瀬は、「この作品への思いが日々、どんどん大きくなっていって、是枝監督やお姉ちゃんたち(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)と出会えたことが、自分の人生にとって凄く大きかったなと改めて思っています」と感謝しきり。「これからも、もっともっといろんな映画に染まれるように、そしてお姉ちゃんたちの背中を見て、またここに帰って来られるように(自分を)磨いていこうと思います」と女優としての決意を語った。

 また、一人だけ台本がなく、是枝監督と現場で役を作り上げていったという広瀬は、「クランクインしても、映画の内容がよくわからなくて、完成して『あ、こういう映画だったんだ!』って思っていたら、すぐにカンヌ(国際映画祭)に連れて行かれて、『これからどうなっちゃうんだろう?』と。いまだにお芝居をした感覚がなくて、不思議な感じですね」と茶目っ気たっぷりに本作を振り返っていた。

 一方、『恋人たち』で33歳にして新人賞を受賞した篠原篤は、「20代はうだつの上がらない俳優で、30歳になったら辞めようと思っていたんですが、辞めることもできず。僕を信じてくれた橋口(亮輔)監督に心から感謝したい、あきらめないでよかった」と声を震わせながら喜びを語ると、監督賞・脚本賞で共に登壇していた橋口監督から、「彼に新人賞を取らせることが僕の使命だった」と満面の笑顔で祝福した。

 この日はほかに、主演男優賞の二宮和也、主演女優賞の深津絵里、助演男優賞を本木雅弘も出席。助演女優賞の黒木華が舞台公演で出席できなかったことに安堵したという本木は、「実は新作で、僕の奥さん役が深津さんで、愛人役が黒木さんだったので、黒木さんが来ていたら、鉢合わせするところだった。内心ドキドキしてたんです」と別の心配事?を抱えていたことを明かし、会場の笑いを誘った。

最終更新:2月14日(日)8時0分

クランクイン!