ここから本文です

元・光GENJIの山本淳一がプロレスデビュー戦で勝利!

バトル・ニュース 2月16日(火)11時4分配信

 14日、スターライズタワーにて行われた花鳥風月『Vol.36 「世の中よあはれなりけり」』にて、元・光GENJIの山本淳一がプロレスデビューを行った。

 山本淳一はかつてローラースケートを履いて歌って踊るジャニーズユニット『光GENJI』に所属し、イメージカラーは赤色を担当。アニメ『忍たま乱太郎』の主題歌として現在でも使用されている「勇気100%」のオリジナルは光GENJIが歌っていたもの。
 光GENJI解散後は2002年にジャニーズを退所し芸能活動を続けていたが、2013年に活動を休止。昨年夏に週刊文春が木村拓哉との関係や女性問題を報道した後、現在は芸能活動を復活させジャニーズの後輩がプロデュースに関わる小学生アイドルユニットと共演などを果たしている。

 この日は服部健太&三尾祥久とタッグを組み、ブラックタイガー&リアルブラックタイガー&ウルフスター☆と対決。
 ブラックタイガーに果敢に立ち向かっていった山本だったが、急所攻撃や凶器攻撃で山本は苦しめられる。三尾と服部が助けに入ると、山本はコーナーからダイビングクロスボディを叩き込んで形勢逆転すると卍固めで捕らえる。さらに三尾と服部がウルフスター☆に延髄斬りから619をきめ、山本が自身のニックネームでもある「バンジー」を付けた必殺技・バンジージャンプ(=その場飛びムーンサルトプレス)を決め見事勝利。

 デビュー戦を勝利で飾った山本は超満員札止めのお客さんの前で勝利の『勇気100%』を熱唱した。

最終更新:2月16日(火)11時4分

バトル・ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている