ここから本文です

途中出場カバーニが決勝弾…パリSGがホームで先勝、チェルシー撃破

SOCCER KING 2月17日(水)6時34分配信

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが16日に行われ、パリ・サンジェルマンとチェルシーが対戦した。

 グループAを2位通過したパリ・サンジェルマンは、13日のリーグ・アン第26節リール戦で0-0と引き分けた。リーグ戦35戦無敗を保ち、中2日で迎える一戦。ローラン・ブラン監督は先発メンバーを6名変更した。ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、元ブラジル代表DFマクスウェル、ブラジル代表MFルーカス・モウラ、イタリア代表MFマルコ・ヴェラッティ、同MFティアゴ・モッタ、スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがスタメン入りを果たしている。そのほか、ドイツ代表GKケヴィン・トラップ、ブラジル代表DFマルキーニョス、同DFダヴィド・ルイス、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア、フランス代表MFブレーズ・マテュイディが先発メンバーに名を連ねた。

 一方、グループGを首位で突破したチェルシーは、13日のプレミアリーグ第26節ニューカッスル戦で5-1と大勝している。中2日で迎えるアウェーゲームでは、先発メンバーを2名変更。負傷により招集メンバー外となった元イングランド代表DFジョン・テリーに代わってガーナ代表DFババ・ラーマンが起用されたほか、出場停止のセルビア代表MFネマニャ・マティッチに代わってブラジル代表MFウィリアンがスタメン入りを果たした。その他、ベルギー代表GKティボー・クルトワ、セルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチ、イングランド代表DFガリー・ケーヒル、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、同MFセスク・ファブレガス、ナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル、ベルギー代表MFエデン・アザール、スペイン代表FWペドロ・ロドリゲス、同FWジエゴ・コスタが起用された。

 立ち上がりから、ボールポゼッション率を高めたのはホームのパリ・サンジェルマンだった。5分、ルーカスが強烈なミドルシュートでゴールを脅かすと、11分にはイブラヒモヴィッチがFKを直接狙うなど、先制点への意欲を示していく。18分にはルーカスが自陣からのスルーパスを受けて最終ラインの背後を取るなど、チェルシー陣内へ押し込んでいった。

 対するチェルシーにも決定機。左サイドをオーバーラップしたババのクロスにD・コスタが反応し、ファーサイドでヘディングシュートを放つ。至近距離からのボールは枠を捉えたが、GKトラップが右手1本で弾き、クロスバーに当たって枠を越えた。

 33分には、パリ・サンジェルマンが右サイドからのクロスでチャンスを作り、イブラヒモヴィッチがフリーでヘディングシュートを放ったものの、強く叩きつけられたボールは枠を越えた。そして、先制点は39分に生まれた。ペナルティーエリア左手前で得たFKをイブラヒモヴィッチが直接蹴り込むと、低い弾道のシュートは壁の端に入っていたミケルに当たってコースが変わり、ゴールへ吸い込まれた。

 パリ・サンジェルマンがセットプレーから先制。1点リードでハーフタイムを迎えるかと思われたが、チェルシーが前半のうちに追いつく。アディショナルタイム、右CKをニアサイドで逸らすと、中央でトラップしたミケルが右足シュートを決めた。前半のラストプレーでの同点弾で、スコアは1-1となった。

 後半もパリ・サンジェルマンがボールを持つ展開で始まったが、49分にチェルシーがカウンターから決定機を迎える。D・コスタがスルーパスに抜け出してペナルティーエリアに入ったが、GKトラップとの1対1を制することはできず、シュートは阻まれた。対するパリ・サンジェルマンも、直後にディ・マリアが強烈な左足ミドルシュートを放ったが、GKクルトワに弾き出された。

 以降もパリ・サンジェルマンが攻勢をかけ、61分にはイブラヒモヴィッチとのワンツーでペナルティーエリアに入ったルーカスが右足で狙ったが、GKクルトワの正面を突いた。64分には左サイドからのクロスをイブラヒモヴィッチが競り合い、こぼれ球に反応したマテュイディがシュートを放ったものの、コースを消しに来た相手DFにブロックされた。

 1-1で推移する中、先に動いたのはチェルシー。71分、アザールに代えてオスカルを投入した。ホームで勝ち越したいパリ・サンジェルマンも74分、ルーカスに代えてエディンソン・カバーニをピッチに送り出した。

 すると4分後、出場直後のカバーニが大仕事をやってのける。78分、ディ・マリアからの浮き球のスルーパスに反応すると、ペナルティーエリア右側に走り込んで最終ラインの背後を取る。バウンドするボールにタイミングを合わせ、右足を一閃。角度のないところからグラウンダーのシュートでニアサイドを射抜き、ゴールネットを揺らした。

 パリ・サンジェルマンはさらに76分、アドリアン・ラビオとハビエル・パストーレを投入。終了間際にイブラヒモヴィッチが決定機を迎えたが、3点目を奪うことはできなかった。

 試合は2-1で終了。ホームのパリ・サンジェルマンが先勝した。セカンドレグは3月9日、チェルシーのホームで行われる。なお、パリ・サンジェルマンは次戦、リーグ・アン第27節でランスと対戦。チェルシーは次戦、21日のFAカップ5回戦でマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 2-1 チェルシー

【得点者】
1-0 39分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(パリ・サンジェルマン)
1-1 45+1分 ジョン・オビ・ミケル(チェルシー)
2-1 78分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)

SOCCER KING

最終更新:2月17日(水)18時22分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]