ここから本文です

上海申花、グアリンに続きFWメネズ獲得か…ミランは移籍金12億円超を希望

SOCCER KING 2月17日(水)12時30分配信

 日本代表FW本田圭佑が所属するミランのフランス人FWジェレミー・メネズに、中国スーパーリーグ(1部)の上海申花が関心を示していることが明らかになった。16日、フランスメディア『Le10Sport』が報じている。

 上海申花は、700万ユーロ(約8億9000万円)のオファーを提示したのに対し、メネズ側は3年契約の1000万ユーロ(約12億7000万円)を要求。また、ミランは移籍金として1000万ユーロを希望すると報じられている。

 上海申花には今冬の移籍市場で日本代表DF長友佑都が所属するインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンが加入。また、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシの獲得も噂されている。

SOCCER KING

最終更新:2月17日(水)12時30分

SOCCER KING

五輪招致疑惑を調査へ 解明は不透明

東京五輪の招致をめぐる資金提供問題の調査は、どこまで真相に迫れるかが不透明。同様の疑惑は過去にも。