ここから本文です

『鉄腕アトム』ハリウッド実写映画化、脚本家決定で再始動

クランクイン! 2月18日(木)11時28分配信

 日本漫画界の巨匠・手塚治虫の傑作『鉄腕アトム』が、『LEGO(R)ムービー』(14)を手がけたオーストラリアのアニマル・ロジック・エンターテインメントによって実写映画化されると伝えられてから1年。パニック映画『カリフォルニア・ダウン』(15)のアンドレ・ファブリツィオとジェレミー・バスモアの脚本で始動する動きが出ているようだ。

【関連】懐かしの名作『鉄腕アトム』場面写真


 Varietyによると、米ニュー・ライン・シネマが実写版への参加を交渉中とのこと。ファブリツィオとバスモアが脚本を執筆するために起用されたという。話がどこまで進んでいるかは不明だ。

 アニマル・ロジック・エンターテインメントと手塚プロダクションのタイアップで実現するという『鉄腕アトム』実写版。『LEGO(R)ムービー』の製作総指揮を務めたザレー・ナルバンディアンが製作、ジェイソン・ラストと映画『ハード・ソルジャー 炎の奪還』(12)のマイク・キャラハン、ルーベン・ライバーが製作総指揮を務めると伝えられた。

 1951年に手塚治虫が発表した『鉄腕アトム』は21世紀を舞台に、交通事故で息子を失った天馬博士が作った高性能ロボット=アトムの活躍を描く。欧米では「アストロボーイ」として人気を博す。

最終更新:2月18日(木)22時52分

クランクイン!