ここから本文です

ドラクスラー2発のヴォルフスブルクが逃げ切り勝ち…ヘントも終盤に反撃

SOCCER KING 2月18日(木)6時40分配信

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグが17日に行われ、ヘントとヴォルフスブルクが対戦した。

 ともに初の決勝トーナメントに臨む両チーム。グループHを2位通過したヘントは、13日のベルギーリーグ第26節ムスクロン戦で2-0と快勝し、公式戦での連敗を2で止めた。中3日で臨むファーストレグでは、セルビア代表DFステファン・ミトロヴィッチやデンマーク代表DFラッセ・ニールセンらが先発メンバーに名を連ねた。

 一方、グループAを首位で突破したヴォルフスブルクは、年明け後のブンデスリーガ4試合で1勝1分け2敗と不調に陥っている。13日の第21節インゴルシュタット戦では2-0と快勝し、2016年初勝利を挙げた。中3日で迎えるアウェーゲームでは、先発メンバーを5名変更。ブラジル代表DFダンテやスイス代表DFリカルド・ロドリゲスが復帰し、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーやブラジル代表MFルイス・グスタヴォ、ドイツ代表FWマックス・クルーゼらもスタメン入りを果たしている。

 立ち上がりに攻勢をかけたのはアウェーのヴォルフスブルクだった。ドラクスラーが左サイドからのドリブルでカットインしてシュートを放つなど、ゴールを脅かしていく。対するヘントも11分、左サイドからのクロスをファーサイドで落とし、最後はトーマス・フォケが狙ったが、大きく枠を外した。

 続いてのチャンスは25分、ヴォルフスブルクのマクシミリアン・アーノルドが右サイドからクロスを上げ、相手DFのクリアがあわやオウンゴールかという場面を作ると、37分にはクルーゼがシュート。得点の予感が高まっていく。

 すると44分、左サイドのタッチライン際で反転して縦へ突破したドラクスラーが、ヴィエイリーニャとのワンツーでペナルティーエリアへ入る。ドラクスラーは冷静に右足を振り抜き、グラウンダーのシュートをゴール右隅へ決めた。アウェーのヴォルフスブルクが前半終了間際に先制し、1点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半立ち上がり、次のゴールを奪ったのはヴォルフスブルクだった。54分、敵陣で相手のパスをカットしたドラクスラーが、ドリブルで最終ラインの背後へ。ペナルティーエリアに進入すると、飛び出してきた相手GKの位置を見て、ループシュートでゴールネットを揺らした。

 リードを2点に広げたヴォルフスブルクは攻撃の手を緩めず、60分に3点目を挙げる。右サイドからのクロスに反応したクルーゼが飛び込み、ニアサイドで合わせた。

 3点ビハインドを負ったヘントはすぐさま2選手を交代し、打開を図る。反撃のゴールは80分、スヴェン・クムスが左サイドからカットインし、強烈な右足シュートでゴールネットを揺らした。さらに89分には、カリファ・クリバリが左サイドからのクロスに頭で合わせて2点目。1点差まで迫り、セカンドレグへ望みをつないだ。

 試合は3-2で終了。1点差に迫られながらもヴォルフスブルクが敵地で逃げ切った。セカンドレグは3月8日、ヴォルフスブルクのホームで行われる。なお、ヘントは次戦、ベルギーリーグ第27節でオーステンデと対戦。ヴォルフスブルクは20日、ブンデスリーガ第22節でヘルタ・ベルリンとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ヘント 2-3 ヴォルフスブルク

【得点者】
0-1 44分 ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
0-2 54分 ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
0-3 60分 マックス・クルーゼ(ヴォルフスブルク)
1-3 80分 スヴェン・クムス(ヘント)
2-3 89分 カリファ・クリバリ(ヘント)

SOCCER KING

最終更新:2月18日(木)6時40分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]