ここから本文です

厚労省が「キミはまだ本気出してないだけ」をニート支援に選んだ理由とは

THE PAGE 2/19(金) 8:00配信

 厚生労働省が「ニート」と呼ばれる若年無業者を対象に作った就業支援ポスターが、話題を呼んでいる。ポスターには、「キミはまだ本気出してないだけ。」というキャッチフレーズが、中年男性の漫画キャラクターとともに大きく描かれている。厚労省は一体、どのような意図でこのようなポスターを作成したのか。

「決して上から目線で言いたいわけではない」

 「キミはまだ本気出してないだけ。」というキャッチフレーズが大きく書かれたポスターに描かれているのは、青野春秋さんの人気漫画「俺はまだ本気出してないだけ」の主人公・大黒シズオ。大黒シズオは、会社を突然辞めて漫画家を目指す、40代のフリーターだ。このポスターは昨年12月24日から、全国160カ所ある「地域若者サポートステーション」(通称:サポステ)と、全国全ての市町村で掲示されている。

 厚生労働省キャリア形成支援課に話を聞くと、取材冒頭、担当者に逆に質問を投げかけられた。「国の広報って、どういうイメージをお持ちですか」。無難。穏便。無味乾燥。「そう。今まではそういったものが多かった。しかし、それではダメなのです」

 「サポステ」は無業状態の若者の自立をサポートするための拠点で、2006年に設立された。若年無業者(15~34歳で就労も家事も就学もしていない人、いわゆるニート)は、全国で約60万人いるとされる。サポステは全国160カ所でさまざま相談や支援を行い、「15~39歳くらいまで」の若者の社会復帰を手助けしてきたが、最新の調査ではサポステの認知度が約13%と低い水準に留まっているという課題があった。

 「本来サポステが必要な方に、情報が行き届いていないのではないかという危機感があった」と厚労省の担当者は語る。そのためには、インパクトがある広報が必要だったという。「決して上から目線で本気を出せと言いたいわけではありません。支援を必要としている方、そしてその関係者の方々に気づいてもらわないといけなかった」と説明する。

1/2ページ

最終更新:2/19(金) 19:27

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。