ここから本文です

復帰の清武が3カ月ぶり出場で好機演出も…ハノーファーは8連敗で降格危機

SOCCER KING 2月22日(月)3時26分配信

 ブンデスリーガ第22節が21日に行われ、日本代表DF酒井宏樹、同MF山口蛍、同MF清武弘嗣が所属するハノーファーとアウクスブルクが対戦した。酒井宏は右サイドバックで7試合連続のスタメン出場。山口と清武はベンチスタートとなった。

 前節、日本代表MF香川真司が所属する2位のドルトムントと対戦したハノーファーは、上位クラブ相手に健闘したものの0-1の敗戦を喫した。これで連敗は7となり、最下位に沈んでいる。今節は10番を背負う清武がメンバーに復帰。10試合ぶりの出場に期待がかかる。一方、4試合未勝利の15位アウクスブルクは敵地でなんとか白星を挙げたいところだ。互いに残留に向けて負けられない一戦となった。

 先手を取ったのは敵地に乗り込んだアウクスブルク。14分、左サイドのカイウビーが浮き玉のパスを出すと、ハノーファーのジェイフン・ギュルセラムとエドガー・プリプが味方同士で衝突。これを受けたク・ジャチョルがドリブル突破。中央に切り込み、エリア内左から右足シュートを放つと、カーブのかかったボールがゴール右下に決まり、アウクスブルクが先制に成功した。

 一方、ハノーファーも反撃に出る。18分、エリア手前でボールを受けたウフェ・ベックがエリア手前から強烈な左足シュート。正面に飛んだボールをGKマルヴィン・ヒッツがこぼしかけたが、ゴール前に詰めている選手はいなかった。

 ハノーファーは41分、サリフ・サネが相手エリア手前でマルクス・フォイルナーからボールを奪うと、こぼれ球を拾ったエドガー・プリプがシュートまで持ち込んだが、ここもGKヒッツの正面だった。このままアウクスブルクが1点をリードしてハーフタイムを迎える。

 両チームともにハーフタイムで選手交代。1点を追うハノーファーはプリプとアンドレ・ホフマンを下げ、ウーゴ・アルメイダと清武を投入。清武は3カ月ぶりにピッチに立った。一方、アウクスブルクはフォイルナーを下げてチ・ドンウォンを投入した。

 58分、アウクスブルクが右サイドからクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだチ・ドンウォンがヘディングシュート。しかし、ここは枠を捉えることができない。

 まずはなんとか追いつきたいハノーファー。66分、エリア手前左でボールを持った清武がアーリークロスを入れると、ニアに走りこんだアルメイダがヘディングシュートを放ったが、ここはオフサイドの判定となった。

 ハノーファーは清武を中心に攻撃が噛み合いだす。82分、サリフ・サネがドリブルでエリア手前まで持ち上がり、右サイドのベックへスルーパス。ベックが中央に折り返すと、これをアルメイダが押し込み同点かと思われたが、ここはアルメイダがオフサイドポジションにいたため、得点は認められなかった。ハノーファーは83分にベックを下げてアラン・サンマクシマンを投入。終盤に望みをかける。

 86分、アウクスブルクに決定機が訪れる。トビアス・ヴェルナーが敵陣エリア内でボールを奪いシュートを放ったが、ここはロン・ロベルト・ツィーラーがスーパーセーブで失点を免れた。

 後半アディショナルタイム3分、ハノーファーが右CKを獲得すると清武のクロスからアレクサンデル・ミロシェヴィッチがヘディングシュート。しかし、ここもGKヒッツの好セーブに阻まれ、同点に追いつくことができない。直後に試合終了のホイッスルが鳴り、1-0でアウクスブルクが逃げ切った。これでハノーファーは8連敗となり、14シーズンぶりの2部行きが近づきつつある。一方、アウクスブルクは5試合ぶりの勝利で順位を14位に上げた。なお、酒井宏はフル出場、清武も試合終了まで出場したが、山口に出場機会はなかった。

 次節、ハノーファーは敵地でシュトゥットガルトと、アウクスブルクはホームでボルシアMGと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 0-1 アウクスブルク

【得点者】
0-1 14分 ク・ジャチョル(アウクスブルク)

SOCCER KING

最終更新:2月22日(月)4時16分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

世界で最も長寿な生物
レイチェル・サスマンが、トバゴの浜辺にある2,000歳の脳サンゴから、農業の黎明期から生きてきた南アフリカの「地底の森」まで、世界で最も古くから生き続けてきた生命体の写真を見せながら語ります。 [new]