ここから本文です

AKB48・横山由依 屈辱の「私服センスなし女NO.1」決定!

リアルライブ 2月23日(火)22時7分配信

 23日、テレビ朝日「ロンドンハーツ」で「私服センスなし女 NO.1決定トーナメント」が行われ、AKB48の横山由依がまさかのワースト1位に選ばれた。

 参加者は、安藤美姫、大久保佳代子(オアシズ)、オカリナ(おかずクラブ)、片岡安祐美、NANA(MAX)、春香クリスティーン、弘中綾香(テレ朝アナウンサー)、横山由依(AKB48)の8名。

 横山は一回戦で春香と対戦。「デニムコーデで青山デート」というテーマだった。横山は高橋みなみからもらったKISSのトレーナー、メジャーリーガー・田中将大投手からもらったキャップなどをコーディネートしたが、審査員5人が横山を選びストレート負け。

 そして、準決勝ではオカリナと対戦。「あえての柄×柄おしゃれ雑誌で春の私服紹介」というテーマで対戦したが、こちらもまさかのストレート負けだった。

 そして、決勝戦では大久保、敗者復活のオカリナの三つ巴戦。結果は、審査員を務めた梅宮アンナが横山、益若つばさも横山、栗原類も横山、小木博明も横山を選び、5名中4名が横山を選出。圧倒的な差でワースト1位に選ばれてしまった。

 横山は「え~っ!!」と信じられない様子で「本当ですか?」と確認。大久保からは「みすぼらしい」と罵られ、益若からは「横山さんは全体を通して無難を通して負けてるので、一番ヤバい」と酷評されてしまった。

最終更新:2月23日(火)22時7分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。