ここから本文です

太田光 もし「エヴァンゲリオン」が実写化したら…大炎上予測「ファンに怒られる」「綾波レイ役が可哀想」

リアルライブ 2月24日(水)12時20分配信

 23日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で爆笑問題の太田光が、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」が実写化された場合、大炎上してしまうと予測した。

 最近では、赤塚不二夫原作の国民的ギャグ漫画「天才バカボン」の実写化が決定。3月に日本テレビ系スペシャルドラマとして放送される。昨今では「バカボン」以外にも、「怪物くん」、「ルパン三世」、「宇宙戦艦ヤマト」、「ど根性ガエル」など人気漫画の実写化が続々と制作されている。

 その背景を踏まえた上で、太田は社会的現象を巻き起こした人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の実写化にも言及。

 「あれはコアなファンがいるでしょうから、今はちょっと危険でしょうね。ボロクソに言われる可能性がある」とコメント。「ガンダム」の実写化については「そろそろいけるかもしれない」と分析したが、「『エヴァンゲリオン』はやめておいた方が良い。怒られる」と恐怖を抱き、「エヴァファンにもう怒られる」と強調した。

 さらに「綾波レイ役の子が可哀想すぎる。今から可哀想」と想像し、「ボロクソに言われて。多分、芸能界やめちゃう、その子は」と予測していた。

 相方の田中裕二が、綾波役に天使すぎるアイドルの橋本環奈の名前を出すと、太田は「アレは一番ダメです。『調子に乗るな』って言われちゃうタイプ」と分析していた。

最終更新:2月24日(水)12時20分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。