ここから本文です

ヘイトスピーチから平和な雪まつりを取り戻した札幌

ニュースソクラ 2月26日(金)16時0分配信

市民がカウンター行動に立ち上がった

 「朝鮮人は皆殺し」「出て行け韓国人」などの怒号に悩まされていたさっぽろ雪まつり(2月5~11日)が、今年は「ウェルカム札幌」に一変した。3年間、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)を繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などに対抗し、市民有志が「差別を許さない。観光都市札幌を守る」と運動を起こし、これに民主、共産両党の市議や、連合北海道、北海道労働組合総連合(道労連)も協力したからだ。ヘイトスピーチはなくなり、北の大地は平和な雪と氷の祭典を取り戻した。

 雪まつり最初の日曜日の7日午後。大勢の家族連れや観光客が行き交うまつり会場のすぐ横、札幌市中央区大通4丁目交差点で、若者たちが「Welcome to Sapporo」の横断幕を掲げた。氷点下4度。寒風が肌を刺すが、大型スピーカーからは、日英中韓4カ国語の温かいメッセージが流れた。「私たちは差別のない街を目指し、全ての人々を歓迎いたします。どうぞさっぽろ雪まつりをお楽しみ下さい」

 「ウェルカムさっぽろアクション」と題した運動だ。札幌出身の精神科医、香山リカ氏も東京から駆けつけ、2回マイクを握った。「札幌の良さは自由で大らかなところ。誰かを追い出すような発言は悲しい」。昨春まで3期12年、札幌市長を務めた上田文雄弁護士も続いた。「雪の季節は特に美しい札幌を、差別の言葉で汚してはいけない」

 6、7、11日に計5回行われた街宣には、60人が参加し、4カ国語のチラシ6000枚を配布した。札幌市議会から元副議長の大島薫(民主)、太田秀子(共産)両氏が参加し、連合、道労連は街宣車やチラシ印刷で協力した。

会場横で「皆殺しにしろ」

 1年前の2015年2月8日、同じ場所で響いていたのは、「日韓断交」「韓国は反日だ」と拡声器で訴える街頭宣伝だった。演説したのは在特会と関係の深い団体メンバーら十数人。これに抗議する市民が「帰れ」と応酬し、警察も出動した。

 右派団体や研究者によると、雪まつりでこうしたデモや街宣が始まったのは13年2月10日。「日韓国交断絶推進」を掲げる30人ほどが「朝鮮人を皆殺しにしろ」などと叫びながら、まつり会場のすぐ横をデモ行進した。翌14年2月8日にも、同様のデモが行われた。

 3年連続で参加したという在特会の男性は、韓国の李明博大統領(当時)が天皇訪韓に絡み謝罪を求めた発言などを「とんでもない」と批判し、こう持論を述べた。「日韓の国交を断絶させるには、韓国人を怒らせなければならない。だから、韓国人観光客がたくさん来る雪まつりで、あえて激しい言葉を使った。差別的と言われればそうかも知れないが、理由があってやったことだ」

 雪まつりは今年で67回目。北海道の冬最大のイベントだ。昨年は235万人が来場し、うち12万8千人は中国、韓国などの外国客。経済波及効果は419億円(第65回の試算)に上る。不景気、人口流出が続く中、観光で生き残りを探る地方にとっては深刻な問題になっていた。

 14年の雪まつりでは、「カウンター」と呼ばれる若者らが抗議を始めた。市民団体などが昨年、今年と、官民でつくる雪まつり実行委員会や北海道公安委員会、札幌市などに「人種差別デモ、街宣を認めないで」と要望書を提出した。

 しかし、札幌市も警察も動かなかった。まつり実行委は「会場の外で、警察の許可も受けている活動に対し、何かを言う立場にはない」との見解だ。

 そこで今年1月、札幌の会社員や弁護士、学生10人が「街全体でヘイトスピーチを許さない雰囲気をつくろう」と運動を発案。ネットの呼びかけや口コミで瞬く間に100人が協力を申し出た。会場周辺の飲食店やホテル、ドラッグストアなど約300カ所を手分けして回り、「ヘイトスピーチ、許さない」と書かれた法務省のポスターを貼ってもらった。「まつりを楽しみに訪れる人たちを悲しませたくない。この一点で、観光業や飲食業に賛同の輪が広がった」(皆川洋美弁護士)という。

 右派団体のホームページで「2月7日に雪まつりへ行こう」という呼びかけがあった。在特会の元幹部がまつり期間中に札幌入りするとの観測も流れたが、結局、デモや街宣はなかった。右派団体の一人は「今年はもともと、デモや街宣を行う予定はなかった。『雪まつりへいこう』とネットに書き込んだら、勝手に騒がれた」と言う。実際のところは分からないが、結果的に、雪まつりは平穏を取り戻した。

1/2ページ

最終更新:2月26日(金)16時0分

ニュースソクラ

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)