ここから本文です

レスター岡崎の市場価値が3年間で3倍に! マフレズ&バーディ&岡崎はチームの“三大ドル箱プレイヤー”

theWORLD(ザ・ワールド) 2月27日(土)19時10分配信

評価は急上昇中?

イングランドプレミアリーグのレスターでプレイする日本代表ストライカー、岡崎慎司はやはりチーム内で“価値のある”存在のようだ。

今季は開幕から魅力的な攻撃サッカーを展開し、周囲の期待を大きく凌駕するクオリティを見せているレスター。その中でも19ゴールを挙げているイングランド代表FWジェイミー・バーディや、キレのあるドリブルで相手DFを翻弄するアルジェリア代表FWリヤド・マフレズなどはレスター躍進のシンボル的存在だろう。しかし我らが日本代表のエースも負けてはいない。欧州メディア『transfermarkt』が独自に算出したデータによれば岡崎慎司の現在の市場における価値は750万ポンドとなっており、2013年にシュツットガルトでプレイしていた時代の263万ポンドから約3倍に上昇。マインツでの二桁ゴールや、現在のレスターにおけるチームへの貢献が岡崎の評価を高めているのだろう。

また同メディアはレスターFWマフレズの市場価値を1500万ポンドと査定し、エースとして攻撃陣を牽引している“旬の男”バーディに関しては900万ポンドと算出した。マフレズの市場価値には遠く及ばないが、岡崎の750万ポンドはバーディの900万ポンドにわずかのところまで迫っている。

奇跡の快進撃で首位を快走しているレスターだが、岡崎もそんなチームの中でより一層成熟していってほしいものだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2月27日(土)19時10分

theWORLD(ザ・ワールド)