ここから本文です

超コワいけど超強い!? 伊紙が選ぶ悪童だらけの最恐ベストイレブン!

theWORLD(ザ・ワールド) 2月28日(日)20時0分配信

相手チームが震え上がるのは間違いない

ピッチ内で暴れ回る悪童は常に悪者にされがちだが、彼らは良くも悪くもサッカーという競技を盛り上げてきた存在だ。相手との接触を恐れない彼らの強いハートはチームに欠かせないもので、相手を恐怖に陥れてきた。伊『Gazzetta dello Sport』はそんな荒すぎる選手で組んだベストイレブンを紹介し、相手チームを恐怖させる最恐のチームを作成した。

GK:オリバー・カーン(元バイエルン)

DF:ペペ(レアル・マドリード)、ヤープ・スタム(元ミラン)、マルコ・マテラッツィ(元インテル)、パオロ・モンテーロ(元ユヴェントス)

MF:ナイジェル・デ・ヨング(LAギャラクシー)、ロイ・キーン(元マンチェスター・ユナイテッド)、ジェンナーロ・ガットゥーゾ(元ミラン)

FW:ジエゴ・コスタ(チェルシー)、ルイス・スアレス(バルセロナ)、エリック・カントナ(元マンチェスター・ユナイテッド)

今回選ばれた11人はただ荒いだけでなく、確かな実力を兼ね備えた名選手ばかりだ。ペペやマテラッツィも暴力性に注目が集まりがちだが、センターバックとして非常に高い能力を備えている。モンテーロはセリエAで最多退場記録と不名誉な記録を持つものの、1対1の強さは確かだ。

中盤は特に恐ろしい。2010ワールドカップでスペイン代表シャビ・アロンソの胸に蹴りを入れるなど、激しいプレイが特徴のデ・ヨング、自分に大怪我を負わせたアルフ・インゲ・ハーランドに強烈な報復タックルを喰らわせたロイ・キーン、試合中に何度も相手選手と掴み合いをし、闘犬という名がふさわしいガットゥーゾと荒くれ者が集まっている。少々展開力には欠けるかもしれないが、相手のアタッカーにはほとんど自由を与えない はずだ。

前線にはワールドカップでの噛み付き事件も記憶に新しいスアレス、相手選手を退場に追い込む計算高いジエゴ・コスタ、相手サポーターにカンフーキックを喰らわせたカントナと、かなり個性的な3人が揃った。3人とも別々の特徴を持っており、得点力も確かだ。スアレスやコスタのダイブなど、彼らのずる賢さにも注意する必要があるだろう。

こんなチームが実際に存在すれば非常に面白く、相手チームは恐怖を感じながらプレイすることになるだろう。試合終了まで11人がピッチに残っている可能性は限りなく低いが、こんなチームがあってもいいかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:2月28日(日)20時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている