ここから本文です

ゴールもアシストもしていない本田圭佑に称賛の嵐「まるで神の恩恵」「コントロールミスは1回きり」

theWORLD(ザ・ワールド) 2月28日(日)23時10分配信

前節に続いて高評価

逆境の中でもがき苦しんでいた頃がまるで嘘のようだ。28日、トリノ相手にホームで1-0と完封したミランだが、この試合で先発フル出場を果たした本田圭佑への賛辞が止まらない。

本田はこの試合でも右サイドを主戦場とし、正確なボールコントロールと冷静な判断でチームに落ち着きをもたらす。チームメイトも以前に比べると本田へのパスを選択する回数が増えたようにも思え、同選手は本来持つべき信頼を取り戻しているのかもしれない。ジェノア戦では目の覚めるようなスーパーゴールを叩き込み今季初ゴールを決めると、前節のナポリ戦ではジャコモ・ボナベントゥーラのゴールをアシスト。不調を極めたシーズン前半戦とは打って変わって、確実に効果的な仕事を果たしている。そしてそんな日本のファイターを伊『Corriere della Sera』も大絶賛した。同メディアは本田圭佑のプレイに“7点”という高評価を与え、次のように褒め称えた。

「まるで神の恩恵を受けているようだ。次から次へとクロスボールを提供し、ボールコントロールのミスもわずか1回のみ。FKのシーンでは素晴らしいクオリティを見せつけ、惜しくもクロスバーを直撃した」

遠いイタリアの地で、このような評価を受けている日本人がいるということを我々は楽しむべきだろう。“神の恵み”を受けている本田の活躍が、今後も続いていくことを願いたい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:2月28日(日)23時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている