ここから本文です

本当に震える“失意のベジータ”フィギュアが話題 バンダイ担当者「布団の中で震えている時に思いつきました」

東スポWeb 2月29日(月)18時2分配信

 バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で29日から予約受注を開始したベジータのフィギュア「HGベジータ」があまりのバカバカしさで話題を呼んでいる。

 同商品はアニメ「ドラゴンボールZ」においてベジータが強敵フリーザと対峙した際、あまりの恐怖と自分の無力さに初めて涙を流し、心の底から震え上がったシーンをフィギュア化したもの。台座内部に搭載された精密モーターが回転し、ベジータフィギュアのリアルな震えまで再現している。

 人間的な震えの実現のため、8か月も研究するなど、バカバカしいまでに緻密に原作を再現しており、SNS上でも「誰得だ」「これ欲しい 笑」など話題を呼び、一時“失意のベジータ”としてツイッターのトレンドワードにも挙がった。

 誇り高きサイヤ族の王子であるベジータが泣きべそをかく情けない姿は原作でも印象的な場面であることは間違いないが、いったい何でこのシーンをわざわざフィギュア化したのか。

 ベジータをフィギュア化した「HGシリーズ」は人気アニメのニッチなシーンをフィギュア化するシリーズで、2015年に発売された「ドラゴンボール」サイバイマンの自爆攻撃で爆死したヤムチャの情けない姿のフィギュアがなぜかヒット。

 バンダイのフィギュア担当者は本紙の取材に「ヤムチャに続くドラゴンボールのヒット商品を早く企画しなければならないという強い焦りを感じていたある晩、あまりの焦りゆえに布団の中で震えている自分に気づき、天啓を得ました。そういえばあの時ベジータも震えていたなと」と震えるベジータ着想の瞬間を明かした。

 ヤムチャのインパクトを超えるための要素を探す中「最終的には深夜のファミレスで、もう実際に震えさせるのが一番すごいんじゃないかという結論に至りました」(同担当者)と実際にモーターで震えさせることを思いついた。この考えに周囲の関係者は「これ震える必要ありますか」と一様に突っ込みを入れたという。

 フィギュアを担当した原型師は前述のヤムチャや股間が光る「HUNTER×HUNTER」ヒソカなどHGシリーズを担当しており、ベジータの特徴的な髪形や汗や涙、破壊された鎧までも忠実に再現。動かさずとも完成度は高い。この原型師にも事前に震えるギミックが盛り込まれることは知らされていなかった。秘密にする理由があったのかはいまだ不明だ。

 気になるのはこれほど個性的なフィギュアではたして採算が取れるのかどうかだが「ヤムチャもヒットしていますし、売り上げは比較的好調。今回のベジータも好調です」(バンダイ・ネット戦略室担当)というから日本には物好きが多い。

 今後もフィギュアを通して世の中に笑いを届けてくれそうだ。

最終更新:2月29日(月)20時47分

東スポWeb