ここから本文です

モー娘。鈴木香音 米公演でまたも一番人気 不動の“海外センター”

デイリースポーツ 2月29日(月)21時0分配信

 モーニング娘。’16が27日(日本時間28日)、米テキサス州ヒューストンで開かれた日本のポップカルチャーを紹介するコンベンション「Anime Matsuri」に出演。2014年10月のニューヨーク以来、1年4カ月ぶりに海外ライブを行った。

【写真】芸能界引退を発表した鈴木香音

 全編英語詞曲「One And Only」など16曲を披露したが、集結したファン6000人から一番大きな声援を受けたのは、やはり海外人気ナンバーワンのぽっちゃりキャラ、鈴木香音(17)だった。

 メンバー全員による英語での自己紹介で、鈴木がマイクをとり「ヒューストンに来て一番楽しみなのは、食べ物…ではなく、飲み物…でもなく、みなさんの笑顔を見ることです」とあいさつすると、地鳴りのような声援が。アンコールには自然発生的に起きた愛称の“ズッキ”コールが会場全体を包んだ。

 鈴木は、国内では体形を自虐的に笑いに変えるユーモア担当だが、海外では圧倒的な人気ぶりを誇る。一昨年のNY公演でも他のメンバーよりひときわ大きなコールが起きたが、この日も“不動の海外センター”をキープした。

 鈴木は終演後「まさかズッキコールが起きるとは思わなかったけどうれしかった」と大喜び。同期の生田衣梨奈(18)を「私もニューヨークより声援が大きかったけど、香音ちゃんを超えることはできなかった」と悔しがらせた。

 鈴木は5月31日の全国ツアー千秋楽を最後にグループを卒業。芸能界も引退し、「福祉関係の仕事をしたい」という新たな目標に向かう。この日は手紙を読み上げる形で、改めて米国ファンに卒業を報告し「卒業前に12人でヒューストンに来られたのがとてもうれしい」と話すと、寂しがるため息が漏れた。

 「私にとって今回がモー娘。での海外公演は最後。今まで海外の方からすてきな思い出をもらったけど、今回新たにすてきな思い出ができた」と感謝した鈴木。公演の合間にはジョンソン宇宙センターの施設を見学したり、ステーキなど地元料理に舌鼓を打ったりと、満喫した様子だった。

最終更新:2月29日(月)23時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。