ここから本文です

韓国メディア、「ナイキの挑発」と商品発売を非難

WoW!Korea 3月3日(木)15時19分配信

韓国メディアは3日、NIKE(ナイキ)が発売したバスケットボールシューズ「エア・ジョーダン12シリーズ」を「ナイキの挑発」と批判した。

 この日、複数の韓国メディアは「去る2月27日より国内外で同時発売された『エア・ジョーダン12 レトロザ・マスター』は、日本の戦犯旗(旭日旗を指す)をモチーフとし、デザインされた」と報じた。

 同記事は、このモデルについて「日本軍が太平洋戦争当時、使用していた戦犯旗(旭日旗)を連想させ、発売ごとに議論を招いている。日本の戦犯旗は、旗の中心部にある赤い丸から光線が出るようなデザインで、エア・ジョーダン12のサイドを見ると、これを連想させる」と説明している。

 このような記事が掲載される中、韓国でも”NIKEファン”の間では新商品が出るたびに話題となり、「エア・ジョーダン12 レトロザ・マスター」に関しても品薄状態が続いているという。あるネットユーザーは、購入したシューズをSNSに掲載した上で、「三一節(韓国で1919年3月1日の三・一独立運動を記念する日)にこの商品を発売するNIKEの覇気に拍手を」と文章を残した。

 また、他のネットユーザーは「デザインの意味を知ってからは、このシリーズは絶対に履かない」とし、「三一節にこの商品を発売したNIKEは、まるで韓国を馬鹿にしているようだ」と不快感を示した。

最終更新:3月3日(木)15時19分

WoW!Korea

Yahoo!ニュース 特集(中国リアルタイム)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

思わず息を呑む生後21日間のミツバチの姿
ミツバチが姿を消している事は誰もが知っていますが、ミツバチの巣がそれ程までに脆弱化して来ている原因は何でしょうか?写真家のアナンド・ヴァルマーは、自分の裏庭でミツバチの生態を撮影しました。このナショナル・ジオグラフィックの企画を通して、ミツバチの棲家の叙情的な一コマを垣間見れると共に、生後21日間のミツバチの命が寄生ダニに脅かされている様子を目の当たりにする事が出来ます.