ここから本文です

ビートたけし、ハリウッド版『攻殻機動隊』出演決定! 荒巻大輔役でスカヨハと共演

クランクイン! 3月3日(木)16時0分配信

 ビートたけしが、ハリウッド実写映画『攻殻機動隊』に荒巻大輔役で出演することが決定、主演のスカーレット・ヨハンソンと共演することが明らかになった。出演にあたり「自分の監督作品とは全く異なるスタイリッシュなエンターテインメント作品として、面白いなと思い出演することにした」とコメントを発表している。

【関連】「ビートたけし」フォトギャラリー


 たけしが演じる荒巻大輔とは、危険なテクノロジーの脅威から世界を守る使命を負う、内務省公安9課の創設者であり課長。たけしがハリウッド映画に出演するのは、1995年のキアヌ・リーヴスとの共演作『JM』以来となる。

 個人的にアニメや漫画のファンという訳ではないと語るたけしだが、「自分が演じる荒巻という役は独特な存在感を放つ魅力的な人物であり、登場人物の人間模様を中心に様々なエピソードが散りばめられている」と、荒巻という人物像に魅了されたようだ。「どんな作品になるか、自分も楽しみにしています」と期待を寄せている。

 パラマウント・ピクチャーズとドリームワークス・ピクチャーズ製作の同映画は士郎正宗による漫画を原作に、サイバーテクノロジー「ハンカロボテック」による発展の阻止を目的とする、特殊作戦部隊の女性サイボーグを主人公としたSF作品。監督は映画『スノーホワイト』のルパート・サンダーズ、日本での劇場版およびテレビアニメ版を手掛けた石川光久がエグゼクティブ・プロデューサーを務める。
 
 『攻殻機動隊』は2017年3月31日の全米配給含む、全世界配給を予定。

最終更新:3月3日(木)16時14分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

蛯名健一の魔法の体
蛯名健一は人間の骨格からくる制約を超え、常人ではなし得ない体の動きを紡ぎ出す。ブレイクダンスとヒップホップダンスにパントマイムの要素を合わせた、精緻かつ流れるような魔法の体をご堪能あれ。