ここから本文です

【日本アカデミー賞】最優秀主演男優賞・二宮和也「いい酒が飲めそう」

東スポWeb 3月4日(金)23時4分配信

「第39回 日本アカデミー賞授賞式」が4日、東京・港区の新高輪プリンスホテルで行われた。

 優秀主演男優賞は、映画「海難1890」の内野聖陽(47)、「日本のいちばん長い日」の役所広司(60)、「母と暮せば」の二宮和也(32)、「駆込み女と駆出し男」の大泉洋(42)、「起終点駅 ターミナル」の佐藤浩市(55)が受賞。並み居るベテラン俳優を押しのけて、二宮が「最優秀主演男優賞」に輝いた。

 二宮は「昨年、この賞を先輩の岡田(准一)君がいただいて、すごくうれしかったんですけど、次第と悔しくなってた。その時、岡田君と会って『次はお前だから』と。ここに立つとは思ってなかった。嵐のみんなも見てくれている。2年連続、先輩の次に(ジャニーズが)いただくのは。ジャニーさん、メリーさん、ジュリーさんと、迷惑を掛けてきた人たちに少しは恩返しできたのかなと。今日はいい酒が飲めそうだな」とスピーチ。最大の番狂わせとなった。

最終更新:3月4日(金)23時4分

東スポWeb