ここから本文です

「シャツを入れていいですか?」金崎がファンに異例の“お願い”

ゲキサカ 3月5日(土)17時41分配信

[3.5 J1第1ステージ第2節 鹿島1-0鳥栖 カシマ]

 鹿島アントラーズのFW金崎夢生が今季初ゴールを決め、チームを開幕2連勝に導いた。前半31分、右45度の位置でFKを獲得すると、MF遠藤康が左足で入れたボールをファーサイドのDF山本脩斗が頭で折り返し、ゴール正面で競り勝った金崎が打点の高いヘディングシュートを叩き込んだ。

 金崎は試合後のヒーローインタビューで「(山本)脩斗くんのいいクロスでゴールを決められてよかった」とコメント。チームは連勝スタートを切ったが、「まだ2試合しか終わっていないし、今日も内容的にはあまり良くなかった」と浮かれることはなかった。

 鹿島は今季、茨城県に開発・製造拠点を置く理想科学工業株式会社とオフィシャルスポンサー契約を締結。ユニフォームの背中裾部分に同社のロゴマークが掲出されている。そのため鹿島の選手は今季、スポンサーロゴが見えるようにシャツをパンツの外に出してプレーしているが、金崎は滝川二高時代の教えもあってユニフォームはしっかりパンツに入れるスタイル。この日もユニフォームの前面はパンツにしまい、背面だけ外に出してプレーしていた。

 ヒーローインタビューに応じていた金崎は最後にサポーターへのメッセージを聞かれ、「スポンサーの関係で『シャツを出して』と言われているんですが、僕的にはシャツを入れたいんですけど、大丈夫ですか?」と逆質問。サポーターは“許可”を表す意味か、大きな歓声で応え、「ありがとうございます!」と応じた。サポーターの“お墨付き”をもらった金崎。次節以降は自分の流儀を貫き、シャツの背面もパンツに入れてプレーするのだろうか。

[写真]開幕戦での鹿島FW金崎夢生

最終更新:3月5日(土)18時54分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている