ここから本文です

俊輔がJ1通算21点目のFK弾!!福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止

ゲキサカ 3月5日(土)21時1分配信

[3.5 J1第1ステージ第2節 福岡1-1横浜FM レベスタ]

 俊輔の左足がアビスパ福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止した。横浜F・マリノスはアウェーで福岡と対戦。0-1の後半37分にMF中村俊輔がJ1通算21得点目となる直接FKを決め、1-1で引き分けた。

 ともに開幕戦に敗れ、黒星スタートとなった両チームの対戦。J1で5年ぶりのホームゲームを迎えた福岡は前半6分、左FKからMF末吉隼也のキックにFWウェリントンが頭で合わせ、幸先よく先制点を奪った。

 横浜FMはインフルエンザのため開幕戦を欠場した中村が今季初先発。前半31分、その中村が個人技で右サイドを突破し、PA内に切れ込んだが、クロスを上げる前にクリアされた。

 1点ビハインドで折り返した後半16分にはFW伊藤翔の右クロスにファーサイドから飛び込んだMF齋藤学がヘディングで合わせたが、惜しくも左ポストを直撃。それでも後半37分、右45度の絶好の位置でFKを獲得すると、伝家の宝刀が炸裂した。

 中村が左足を振り抜くと、4枚の壁を越えてゴール右上隅へ吸い込まれた。背番号10のFK弾が横浜FMの今季初ゴール。俊輔はこれで直接FKでの得点がJ1通算21得点目となり、自身の持つ記録を更新した。試合はそのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合い、互いに今季初勝利はならなかった。

最終更新:3月5日(土)21時4分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

車椅子で海中散歩
16年前、電動車椅子を手に入れた時、スー・オースティンはこれまでにない圧倒的な自由を感じました。しかしその一方、周囲の人々は、まるで彼女が何かを失ってしまったかのような視線を向けました。自身の創作活動を通じて、スーは外の世界を走り抜ける時におぼえる、奇跡のような感覚を伝えようとします。水中車椅子に乗ったスーが海底散歩を楽しみ、魚の群れと戯れ、海中を360度自由自在に浮遊するわくわくするような映像をご覧ください。 [new]