ここから本文です

俊輔がJ1通算21点目のFK弾!!福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止

ゲキサカ 3月5日(土)21時1分配信

[3.5 J1第1ステージ第2節 福岡1-1横浜FM レベスタ]

 俊輔の左足がアビスパ福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止した。横浜F・マリノスはアウェーで福岡と対戦。0-1の後半37分にMF中村俊輔がJ1通算21得点目となる直接FKを決め、1-1で引き分けた。

 ともに開幕戦に敗れ、黒星スタートとなった両チームの対戦。J1で5年ぶりのホームゲームを迎えた福岡は前半6分、左FKからMF末吉隼也のキックにFWウェリントンが頭で合わせ、幸先よく先制点を奪った。

 横浜FMはインフルエンザのため開幕戦を欠場した中村が今季初先発。前半31分、その中村が個人技で右サイドを突破し、PA内に切れ込んだが、クロスを上げる前にクリアされた。

 1点ビハインドで折り返した後半16分にはFW伊藤翔の右クロスにファーサイドから飛び込んだMF齋藤学がヘディングで合わせたが、惜しくも左ポストを直撃。それでも後半37分、右45度の絶好の位置でFKを獲得すると、伝家の宝刀が炸裂した。

 中村が左足を振り抜くと、4枚の壁を越えてゴール右上隅へ吸い込まれた。背番号10のFK弾が横浜FMの今季初ゴール。俊輔はこれで直接FKでの得点がJ1通算21得点目となり、自身の持つ記録を更新した。試合はそのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合い、互いに今季初勝利はならなかった。

最終更新:3月5日(土)21時4分

ゲキサカ

Yahoo!ニュース 特集(挑戦者たちの背中)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

イ・ヒョンソ:北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている