ここから本文です

あっちゃんが広島で始球式、黒田の横で「気持ちよかった」

デイリースポーツ 3月6日(日)12時58分配信

 「オープン戦、広島-西武」(6日、マツダスタジアム)

 女優で、元AKB48の前田敦子(24)が、始球式を務めた。出演映画「モヒカン故郷に帰る」の3月26日・広島先行公開(4月9日全国公開)に合わせて、背番号3.26のホームユニホーム姿で登場。カープにちなんだのか赤色のミニスカートからは美脚がのぞいた。

【写真】元AKBの倉持明日香もミニスカで始球式

 先発の黒田博樹投手(41)が横で見守る中、左投げでマウンドから山なりからのゴロ投球。球場に詰め掛けた多くのファンや、両ベンチからも拍手がわき起こった。

 「モヒカン故郷に帰る」では主演の俳優・松田龍平(32)と、夫婦役を演じている。広島・瀬戸内海に浮かぶ四島を架空の島「戸鼻島」として、広島でオールロケを行った。

 AKB48として、メンバー大勢での経験はあるが、卒業後は初めての始球式。大役を果たした前田は、感激の様子で「すごい上(空)がオープンで、気持ちよかった。雨が降らなくてよかったです」と笑顔。「練習ではもう少し距離を投げられていたんですけど。一発勝負って難しいですね」と苦笑いで振り返った。

最終更新:3月6日(日)13時33分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報