ここから本文です

釈由美子 胎動が愛犬のリズムと「同じ」…「励ましてくれてるのかな」

デイリースポーツ 3月6日(日)20時25分配信

 まもなく妊娠6カ月に入る女優・釈由美子(37)が6日、ブログを更新。赤ちゃんの胎動が2月末に急逝した愛犬が飛び跳ねるリズムと同じ感覚であることを明かし、「ベビちゃんが励ましてくれてるのかな」とつづった。

 「こっころ」と呼ぶ釈の愛犬・こころちゃん(チワワ、メス1歳半)は2月25日に急逝。第1子を妊娠中の釈は「これから母親になるというのに、我が子をちゃんと守れるのか不安に襲われています」とブログで明かすなど、ショックにうちひしがれていた。

 愛犬との悲しい別れから10日たったこの日は、夫が買ってきてくれた胎教ツールでお腹の赤ちゃんに話しかける写真をブログにアップ。ぽこぽこと胎動を感じると「起きたの~?おはよう~。元気ぃ~?ママだよ~~」と話しかけていることを伝えた。

 胎動については「実は。。こころが亡くなってすぐぐらいから胎動が、いつも以上に激しくなったのです」と変化を告白。いつもは「縁日の金魚の袋の水の中から金魚が“ツンツン”するような繊細な感覚だった」という胎動が、「ここ何日か、こっころがいつも私のスネあたりでぴょんぴょん飛び跳ねるリズムと同じ感覚で力強くお腹を蹴っているのです」と明かし、「いつまでも落ち込んでた私にベビちゃんが『元気を出して』って励ましてくれてるのかな。。」と受け止めた。

 話しかけると、ぼこぼこと胎動を感じるという釈。「もっと強くなって、この子を守らなきゃ!と、意気込んでいた私が逆に我が子に、励まされ、勇気づけられてチカラをもらえているなんて。。ベビちゃん、ありがとうね」と愛おしそうにつづっていた。

最終更新:3月6日(日)20時32分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

長く続く恋愛関係における欲望の秘訣
長く続く関係において愛するパートナーに望むことは、ベストフレンドであり、また官能的なパートナーであって欲しいと言うものです。エステル・ペレルは心のこもった良いセックスには「安心」と「サプライズ」という2つの相反するものが求められると指摘します。では、欲望はどのように維持できるのでしょうか?